霜降り粗品、音楽活動を本格化 レーベル立ち上げ&YouTube発表のボカロ曲リリースへ

霜降り粗品、音楽活動を本格化 レーベル立ち上げ&YouTube発表のボカロ曲リリースへ

 お笑いコンビ・霜降り明星の粗品が、自身のレーベル『soshina』を立ち上げ、音楽でアーティスト活動を本格化させることが発表された。7日には自身のYouTubeチャンネル「粗品 Official Channel」にて、8曲目となるボカロ楽曲「Hinekure」を発表。さらに、これまでYouTubeにアップしていた8曲のボカロ楽曲を27日に全曲配信することも決定した。



【動画】霜降り粗品の新曲「『Hinekure』feat. 初音ミク」



 『M1グランプリ』『R1ぐらんぷり』の2冠達成など、芸人として輝かしい経歴を持つ粗品。一方で、2歳からピアノを始めクラシックにも造詣が深く、世界的ピアニストのラン・ランとも共演、自身が手掛けたテレビ番組でオリジナル楽曲を使用するなど、音楽のフィールドでも話題を呼んでいる。



 昨年5月には自身のYouTubeチャンネルを立ち上げ、ボカロ曲をアップするなど、音楽活動をスタート。今回、ユニバーサルミュージック協力のもと、自主レーベルを立ち上げアーティスト活動を本格化させるに至った。



 7日に発表した楽曲「Hinekure」は、特徴的だった8bitサウンドだけでなく、ギターのレコーディングも実施。ディレクションも粗品本人が行うなど、作曲だけでなくプロデュースも手掛けた力作に仕上がった。同日28歳の誕生日を迎え、新たに“アーティスト プロデューサー・粗品”が誕生し、3月には新レーベルからの第1弾楽曲もリリースを予定している。

カテゴリ