【おちょやん】富山弁が話題の真理役・吉川愛、今後の見どころは「寝相の悪さ」

【おちょやん】富山弁が話題の真理役・吉川愛、今後の見どころは「寝相の悪さ」

 NHKで放送中の連続テレビ小説『おちょやん』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。番組公式ツイッターで8日、宇野真理役で出演する吉川愛の動画コメントが3本公開された。富山なまりが話題の吉川だが、今後の真理の見どころとして挙げたのは「寝相の悪さ」だった。



【動画】公式ツイッターで公開された動画コメント



 大正から昭和にかけて活躍し、「大阪のお母さん」として親しまれ、上方女優の代名詞とも言われた浪花千栄子さんをモデルに、ヒロイン・竹井千代(主演:杉咲花)の波乱万丈な半生を描く本作。9歳の時から奉公していた大阪・道頓堀の芝居茶屋「岡安」を出て、京都にたどり着いた千代は、カフェ―「キネマ」で住み込みで働き出す。



 住み込み部屋で、千代と同室の女給が真理だ。富山出身で家出をして、カフェーで働きながら、女優を目指している。



 公式サイト等の登場人物紹介には書いていないが、真理には「寝相が悪い」という設定があり、吉川は「寝相を1シーン、1シーン変えまして、知恵を振り絞って頑張った」と語っている。



 もちろん、富山なまりが強いところにも注目。方言を話す役は初めてだった吉川は「台本を初めて読んだ時に私、これ言えるのかなぁと思ったし、私、永遠にNGを出してるかもと思った」と、戦々恐々。「変な富山弁を使っていたらすごく恥ずかしいなって思ったし、すごく緊張しました」と明かしている。



 ツイッターには、「初めての方言を話す役を演じてみての感想」「印象に残ったセリフ・苦労したセリフについて」「今後の真理の見どころについて」の3本が公開されている。
カテゴリ