「こたつから出たくないガンダム」「変身ベルトを巻く炭治郎」…「オモ写」モデラーが描く“ありえない世界”へのこだわり

「こたつから出たくないガンダム」「変身ベルトを巻く炭治郎」…「オモ写」モデラーが描く“ありえない世界”へのこだわり

 ガンプラをはじめ、さまざまなキャラクターのフィギュアなどを用いて、その作品の本編とは関係ない独自の世界観を描く「オモ写」。SNSでさまざまな作品が発表されているなかでも、主にガンダムを擬人化した作品で人気の石澤ぐりさん(@AgUJ85zs3Q4h8M5)、ダウンタウンやドラゴンボールなどのフィギュアを用いたオモ写で人気のみっちーさん(@micchiy0829)は、高頻度で作品を発表し続けている。多くのファンを持つ2人のモデラーが描く“ありえない世界”へのこだわりとは?



【石澤ぐりさんオモ写】ポテチにクッキー、寝そべって漫画を読む“自堕落”ガンダム



■“人間っぽさ”が増す細かい描写にこだわり(石澤ぐり)



 ガンダムやガンキャノン、ジムなどを“モビルスーツ”としてとらえず、まるで人間のように日常生活を送る様子を4コマで描いている石澤さん。ガンプラを使った「オモ写」へのこだわりは「暴力的な描写を排すこと」だという。



「『ガンダム』を使っていますが、暴力的な表現は控えています。自分が平和主義ということを主張しているわけではなく、撮影していて嫌な気分になってしまい、なんとなくシックリこない感覚がありました。なので極力そういった表現を避けるようにしています」



 ビームサーベルやマシンガンなどの武器の代わりにガンダムたちが持つのは、ビールジョッキや本、鍋など人間の生活で使うもの。そんな“ありえない世界”を描いた作品には、可能な限り人間らしさを盛り込むようにしているという。



「例えばジョッキで何か飲んだ後に口を拭うとか、立ち上がる前にヒザに手を置いて中腰の態勢になるとか、それを入れると“人間っぽさ”が増すんですよね。4コマだと細かい描写は入れられないケースもあるんですが、可能な限り入れていますね」



 従来の作品では近作では小道具も既製品が多かったが近作では、自作物が増えている。



「『紙バンド』という素材を使ってのミニチュア制作を知り、始めたところこれが面白くて。ガチャガチャやミニチュアで手に入りにくかったり、あったとしても値段が高くて手が出ないものも『自分で作れるかも』と思い、いろいろ挑戦しているところです。」



 4コマのイメージをして、小道具を自作し、撮影。さらにSNSへアップと、大変な作業をこなしているが、それを乗り越えられるモチベーションはどのようなところにあるのだろうか?



「なんでしょうね?考えてみると…やっぱり自分の出したものに対して反応があるとすごくうれしいのでそこは大きいと思います。その反応によって、『ああしてみよう』『こうしてみよう』と考えが浮かんでくるのも楽しいですね」



 これまでに発表してきた作品の中にも、「居酒屋じむや」シリーズなど、連作が可能な設定がたくさんある。今後どのような作品を生み出していくのだろうか?



「ギタリストのリーオー、会社勤めのガンダムマーク2、世界征服を企むガーベラテトラなど表現したいネタはまだまだあるので楽しんでいきたいです。そして、もっとたくさんの人に見ていただきたいと思ってます。できれば居酒屋セットとか展示会に出してみたいですね」



■テロップを使い“テレビの雰囲気作り”を意識(みっちー)



 一方、いまや2万人を超えるフォロワーを有するみっちーさんは、意外な形で「オモ写」を始めたという。



「きっかけは、毎日遅くまで働いていたブラックだった仕事を辞めたことでした。辞めた解放感と、時間に余裕ができたので。趣味に力を入れようと思い、初めて本格的にジオラマを作るようになりました。その時に、Mozu(@rokubunnnoichi)さんという、すごいジオラマを作られている方のある作品を参考に制作したら、いいねをたくさんもらい、うれしくなって、そこから『オモ写』の世界に入り込みました。出会えたおかげで、楽しい生活を送ることが出来ているので、そういう意味では『オモ写』に救われたのかもしれませんね。



 「通勤時間や入浴中等の空いた時間に考えたり、フィギュアを手にすると何らかのアイデアがひらめく」と、すっかり「オモ写」が生活の中心になっている同氏。これまでに多くの作品を発表してきた同氏の「オモ写」へのこだわりは、「オチ」にあるという。



「毎回、定番のオチにしているので、毎回観ていただいているフォロワーさんには徐々にオチがバレてしまいます。なのでオチは分かっていても、いかに笑っていただけるか、という点を工夫するのが難しい点です。



 なので、テレビのワンシーンのような構図を心がけて撮影したり、字幕もテレビ映画によく出てくる字幕を意識し『ヒラギノ丸ゴ』と言うフォントを使用したり、地上波でよく見かける字幕(背景が黒)を使用し、テレビの雰囲気作りをしています。



 また、撮影を一眼レフで行っています。性能が上がったとはいえ、スマホとは全然違いますし、やはりクオリティに差出るので」



 そんな同氏のモチベーションもまた、フォロワーの声だと語る。



「皆さんからのいいね、リツイートや、リプで『面白かった」なんて褒めていただけるとホント次の作品も頑張ろうと思えます。そう思うとストーリー・小道具には苦労、大変さは感じてません。ただ、4コマになりますと、撮影、編集に時間が掛るのでその点に関しては苦労しています(笑)」



 自身にとって「オモ写は生きがい」であるという。



「オモ写」という存在を知るまではただ、フィギュアを買っておしまい、でした。ですが、今はそれで終わりではなく、そこから撮影、観賞で楽しみ、皆さんと繋がることもできました。また、私の「オモ写」を観て誰かが楽しんで、人生にも良い影響を与えられるのだと思うと、たまらないですね。「オモ写」はフィギュアの楽しみ方を無限に広げてくれるものだと思います。



 私はオモ写というものを知らなければ、まったく別の人生を歩んでいたと思いますし、大きな影響をもたらしてくれました。そう考えると、私にとって「オモ写」は私の生きがいですね」
カテゴリ