昨年の“期待の新成人”は本当に飛躍したのか? コロナ禍の芸能界に新たな可能性を提示した若き才能

昨年の“期待の新成人”は本当に飛躍したのか? コロナ禍の芸能界に新たな可能性を提示した若き才能

 令和初の成人式で祝われた昨年の新成人たち。毎年ORICON NEWSでは『期待の新成人ランキング』を発表しているが、世界中を襲った新型コロナという大きな危機は、エンタメ業界にも大きな打撃をもたらした。そんな中で、昨年同ランキング1位に輝いた女優の永野芽郁をはじめ、TOP10に名を連ねた“期待の新成人たち”はどのような活躍を見せたのだろうか。



【ランキング表】美少女&イケメン揃い、期待以上の活躍を見せた昨年の新成人TOP10



■永野芽郁、1位にふさわしい活躍 演技力・好感度ともに高い評価で躍進



 昨年の『期待の新成人ランキング』1位だった永野芽郁はNHK連続テレビ小説『半分、青い。』への出演や、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)への出演で話題に。「まだ20歳なのに、すでにベテランの域にいる」(埼玉県/40代・男性)、「更なる飛躍が期待できそう」(東京都/50代・女性)などの声があがっていた。



 昨年夏期には『今日から俺は!!』チームの最新作としても注目された『親バカ青春白書』(日本テレビ系)で、ヒロインとして天然の箱入り娘・小比賀さくらを演じた。主演のムロツヨシ演じる父・小比賀太郎との少しずれたやり取りや優しさ溢れる人間性が永野のイメージと合わさり、自然な演技と高評価を得た。『2020タレントCM起用社数ランキング』(ニホンモニター調べ)でも新垣結衣、有村架純、吉岡里帆らと並び、女性部門で9社・6位と、昨年のランキング外から一気に高順位に。



さらに、今年4月公開の沢田研二&菅田将暉主演の映画『キネマの神様』にもメインでの出演が決まっている。同作は松竹映画100周年を記念した作品で、監督には日本映画界を代表する山田洋次を据えている。そんな本作に抜擢された永野には、業界から大いなる期待と信頼があることが伺え、昨年の『期待の新成人』1位足る活躍を見せたと言えるだろう。



■上白石は姉妹でブレイクした2020年 それぞれの個性生かし、異なる舞台で活躍



昨年の『期待の新成人ランキング』2位には上白石萌歌がランクイン。「姉妹で切磋琢磨してお互いの強みを伸ばしていってほしい」(東京都/30代/女性)といった声も見られたが、2020年を振り返ると、その言葉通り、妹の萌歌だけでなく姉の萌音も共に躍進したことが伺える。



 妹・萌歌は、昨年初めに自身初の写真集を発売。舞台『ゲルニカ』では主演を務め、SNSでは萌歌の迫力演技に賞賛の声が多く挙がった。さらに、声優としても『劇場版ポケットモンスター ココ』で本作のメインとなる少年・ココ役を演じ、幅広い分野で才能を発揮。様々な活躍を見せた。



 姉の萌音は『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)で人気を博し、最終回で番組最高となる平均視聴率15.4%(ビデオリサーチ調べ、世帯視聴率・関東地区)を記録。“恋つづブーム”を巻き起こした。さらに、今年1月から始めるドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系)の主演、大河ドラマ『青天を衝け』(NHK)では、過去に北川景子や宮崎あおいも演じた将軍家定の正室・篤姫役に抜擢されるなど、姉妹ともにブレイクを果たしたといえるだろう。



■スポーツ界唯一のランクインも、昨シーズンは悔しい結果に



 『期待の新成人』3位だったのは、アスリートから唯一のランクインを果たした清宮幸太郎選手。“和製ベーブ・ルース”と注目され、2017年のドラフト会議では高校生最多7球団による競合の末、北海道日本ハムファイターズに入団。2019年はケガで思うように活躍できなかったが、「野球界の将来を背負っているから」(北海道/20代・男性)、「世代を代表する選手だから」(神奈川県/30代・男性)と大きな期待が寄せられていた。



 プロ3年目となる今季は自己最多の96試合に出場。ケガなくシーズンを終えたが、持ち味の本塁打は過去2年と同じく7本にとどまり、打率は・190と自己ワーストを記録した。しかし昨年12月に行われた契約更改交渉では、昨年から200万円増の年棒2200万円でサイン。球団からも「清宮はこんな成績じゃないだろ」と言われたそうでさらなる伸びしろを期待されており、本人も「3年間たくさん使っていただいて球団の方に恩返しができていない。その思いに少しでも応えたい」と意気込んでいる。今シーズンの活躍にも注目が集まりそうだ。



■次世代のジャニーズ、乃木坂46担う新成人たち 多数のメディアに出演しグループの顔に



 King & Princeの高橋海人はドラマでの活動が目立ち、5位にランクイン。これまで深夜ドラマでの起用が多かったが、昨年は有村架純が主演を務めた『姉ちゃんの恋人』(フジテレビ系)に、有村の弟という重要な役で出演。SNSでは「一話一話成長しているのを感じられる」「ナチュラルな演技で良さが出ている」と評価も高く、これからの俳優としての活躍に期待がかかる。



 9位の乃木坂46・山下美月は、以前から“次世代エース候補の1人”と注目されていたが、今月27日に発売される最新シングル「僕は僕を好きになる」では表題曲として初のセンターを務め、名実ともに“乃木坂のエース”に。バラエティでの活躍も目立ち、昨年12月から2ヶ月間『ヒルナンデス』(日本テレビ系)の水曜シーズンレギュラーに選ばれ、グループの顔としての役割を持つように成長した。



■着実に活躍の場を増やす若手俳優たち コロナ禍で失った舞台と新たに得た活躍の場



2020年で一気に出演作が増えたのは昨年7位だった岡田健史。ショートドラマや配信ドラマではあるが、3作に主演として抜擢。映画では『弥生、三月-君を愛した30年-』で初のスクリーンデビューを果たすと、続けて4作に出演。今年放送される菅野美穂主演のドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系)、大河ドラマ『青天を衝け』(NHK)にも出演が決まっており、昨年からの伸び率はこの中でもトップといえる。



 新人俳優の眞栄田郷敦(昨年4位)は、最終回の平均視聴率が19.6%(ビデオリサーチ調べ、世帯視聴率・関東地区)を記録したことでも話題になった『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)で主人公・多部未華子の部下を演じ、そのスピンオフドラマでは主役を務めた。1月3日、4日に前後編が放送された木村拓哉主演『教場II』(フジテレビ系)にもインパクトの強い役で印象を残した。他にも今年公開予定のドラマと映画合わせて4作品にも出演が決まっており、こちらも昨年から着実に活躍の場を増やしている。



 一方で、新型コロナの影響で大きな舞台を失ってしまった新成人もいる。8位の伊原六花(りっか)は高校時代にダンス部キャプテンを務め、日本高校ダンス部選手権大会で披露した『ダンシング・ヒーロー』のバブリーなダンスで反響を呼んだ。19年の朝ドラ『なつぞら』(NHK)に出演以降、注目されていた彼女だが、ヒロインとして出演予定だった舞台が、コロナ禍の影響で全公演が中止に。掴みかけていたミュージカルヒロインの夢を惜しくも逃すこととなってしまった。



 コロナの影響により、活躍する機会が例年よりも少なくなってしまった昨年の芸能界。しかし、コロナ禍は若手の新たな活躍の場も同時に生み出した。それは動画配信サービスである。コロナ禍による外出自粛でHuluやParavi、FODなどの動画配信サービスが一般化し、それらのサービスを利用するユーザーは以前より急増。その結果、地上波ドラマのスピンオフや配信限定ドラマなどの視聴率が増加し、若手俳優が活躍できる場が地上波だけではなくなってきた。本ランキングでも、岡田健史や眞栄田郷敦は配信限定ドラマで主演を経験。動画配信サービスはこれからさらに新成人を含めた若手俳優の活躍の場になり、そこから話題を呼びブレイクする俳優も出てくるに違いない。新型コロナという不安を抱えながら迎えた2021年。このような状況下で新成人を迎える若手俳優の中で新たなイノベーションを起こすのは誰なのか? 暗い話題が続くからこそ光明に期待したい。



【調査概要】

調査時期:2019年12月17日(火)~12月27日(金)

調査対象:計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代、50代の男女)

調査地域:全国

調査方法:インターネット調査

調査機関:オリコン・モニターリサーチ
カテゴリ