綾野剛、エンタメは「不屈」「まだ終わってない」 コロナ禍での“意義”を熱弁

綾野剛、エンタメは「不屈」「まだ終わってない」 コロナ禍での“意義”を熱弁

 俳優の綾野剛が11日、都内で行われた映画『ヤクザと家族 The Family』(29日公開)の完成報告イベントに出席。緊急事態宣言下、無観客の生配信形式でイベントが実施され、綾野は「僕たちは表に出て話をする機会が多く、今の現状について感情を吐露することも一つの手段だと思う」とした上で「それ以上に、どんなときもエンターテインメントというものは“不屈で不要ではない”と届けていくべきだと思う」と熱弁した。



【写真】尾野真千子、舘ひろし、磯村勇斗、市原隼人、北村有起哉ら登壇



 続けて「少しでも、エンターテインメントはまだ終わってない、残ってる、ちゃんと存在しているということが皆さんの心に華を添えることになると思って、ここに座っています。今までみたいな『ぜひ劇場へ!』とは、またちょっと違ったニュアンスにはなるけど、それ以上に映画が流れ続け、公開し続けているが少しでも支えになるのであればいいですね」と切に願っていた。



 『日本アカデミー賞』で最優秀作品賞を受賞した映画『新聞記者』(19年)のプロデューサー陣と、藤井道人監督が手掛けるオリジナル作品。99年、05年、19年と変わりゆく3つの時代の価値観で切り取り、男たちの生き様を描いている。自暴自棄になった少年期に、ヤクザの親分から救われ、父子の契りを結ぶ山本(綾野)。ときを経て、彼にも愛する家族ができるが、暴力団対策法の施行でヤクザの有り様と男の環境が一変する。組の存続をめぐる戦いがぼっ発し、その戦いに参加することはヤクザであることを貫くことになるが、一方でかけがえのないものを失うという状況を突きつけられていくことになっていく。



 舞台あいさつにはそのほか、尾野真千子、北村有起哉、市原隼人、磯村勇斗、舘ひろし、藤井道人監督が出席。主演を務めた綾野は「現在の集大成となった作品」と出来栄えに胸を張っていた。
カテゴリ