ミルクボーイ、大ブレークも“大阪愛”は不変 『上方漫才協会大賞』に感無量

ミルクボーイ、大ブレークも“大阪愛”は不変 『上方漫才協会大賞』に感無量

 『第6回 上方漫才協会大賞』が11日、大阪・なんばグランド花月で開催された。近代漫才の祖、横山エンタツ・花菱アチャコからの歴史の継承と発展のために上方漫才協会が、昨年活躍した芸人を称える、さまざまな賞を発表され、お笑いコンビ・ミルクボーイが大賞に輝いた。



【写真】新人賞を受賞したカベポスター



 イベント後、オンラインに応じた上方漫才協会会長・中田カウスは「ちょっと危ぶまれましたが、無事に開催、無事に終了できて一安心です」と安堵の表情。大賞に選出したミルクボーイについては「忙しいとそれを言い訳にできるものですが、彼らには漫才に対する情熱を感じた。身についた苦労が味になっている」と評した。



 ミルクボーイにとって2020年は、『M-1グランプリ』王者として大ブレークを果たした充実の一年となった。一方で内海崇は「王者としてプレッシャーのある一年でした」と本音を吐露。それでもカウスから絶賛を受けると「師匠に『頑張ってるね』と言っていただいて、評価してもらってめちゃくちゃうれしいです」と笑顔を浮かべた。



 売れっ子芸人の仲間入りを果たし、活躍の幅を全国区に広げているが相方・駒場孝は「大阪で漫才をしたいと思って、今もやらせてもらっている」と変わらぬ“大阪愛”を熱弁。



 駒場が「“上方”という冠の付く賞をいただいて光栄です。その賞に恥じないよう頑張ろうと思います」とさらなる飛躍を誓うと、内海は「今年は、コロナがどうなるか分からないけど、去年できなかった全国ツアーをやりたい。コロナが落ち着いたら全国の皆さんに漫才を見てもらいたい」とぶち上げていた。



 そのほか、特別賞に和牛、新人賞にカベポスター、話題賞にすゑひろがりず、マヂカルラブリー、文芸部門賞にラフ次元、もも、キングブルブリン、ヒューマン中村、インディアンスが受賞した。
カテゴリ