『おジャ魔女どれみ』誕生の記念日にオンラインイベント開催 キャスト9人出演

『おジャ魔女どれみ』誕生の記念日にオンラインイベント開催 キャスト9人出演

 おジャ魔女どれみ20周年記念映画『魔女見習いをさがして』のヒットを受けて、1999年にテレビシリーズ『おジャ魔女どれみ』の第1話が放送された記念日の2月7日に、音楽ライブ・朗読劇・トークショーを詰め込んだオンラインイベント『おジャ魔女どれみをさがして~プチ感謝祭~』の開催が決定。出演者には、どれみ役の千葉千恵巳、はづき役の秋谷智子、あいこ役の松岡由貴、おんぷ役の宍戸留美、ももこ役の宮原永海ら魔女見習いのキャストに加え、マジョリカ役の永澤菜教、ララ役の高村めぐみ、どれみの妹・ぽっぷ役の石毛佐和、小竹哲也役の氷青が出演する。



【動画】『魔女見習いをさがして』本編冒頭6分アヴァン映像



 トークコーナーでは関弘美氏(プロデューサー)・佐藤順一氏(初代シリーズディレクター、映画『魔女見習いをさがして』監督)ら主要スタッフを交えて、「おジャ魔女どれみ」シリーズ、そして映画『魔女見習いをさがして』のエピソードを大放出。



 ライブコーナーでは「おジャ魔女カーニバル!!」はもちろん、他シリーズ主題歌などを生歌唱する。



 朗読劇は、「おジャ魔女どれみ」シリーズのシリーズ構成・山田隆司(栗山緑)氏がこのイベントのためだけに書き下ろした新作エピソードが2作品をお披露目。演出は佐藤監督が務める。



 朗読劇(1)「卒業式のあとで」(仮題)は、美空小学校の卒業式の後のお話。MAHO堂立て籠り事件の後、無事に卒業式を終えてMAHO堂に集まる一同。マジョリカの手作り料理を食べながら、想い出を語り盛り上がっているとハナちゃんが…! 朗読劇(2)「マジョさが珍道中」(仮題)は、卒業式から2年後。おんぷのCM撮影のエキストラ出演で、飛騨高山にやってきた、どれみ、はづき、あいこ、そしてニューヨークからSkypeで参加のももこの4人。迎えに来たおんぷと一緒にロケバスに乗ってロケ地に向かう間、恋バナに花が咲いて…。



 イベント開催に向けて関プロデューサーは「昨年はいろいろありましたが、映画も無事公開できたので、懸案のイベントをオンラインで催行します。プチ感謝祭です。全国どこからでも、コロナの心配せず、楽しんでいただけます。どれみたちの書き下ろし朗読劇が何と2本! 映画『魔女見習いをさがして』(通称『魔女さが』)オマージュもあり盛りだくさんの構成です。“好き”で繋がるイベントに、あなたもぜひ、ご参加を!!」と、コメントを寄せ参加を呼びかけている。



■イベント概要

イベントタイトル:『おジャ魔女どれみをさがして~プチ感謝祭~』

実施日時: 2021年2月7日(日)午後5時開始、午後6時40分終了(予定)

チケット代:3500円

配信先:Streaming+(ストリーミングプラス)国内配信のみ https://eplus.jp/sf/streamingplus

チケットURL:https://eplus.jp/doremi0207/ 

チケット販売期間:2021年1月17日(日)前10:00~2021年2月14日(日)後9:00

視聴可能期間:2021年2月7日(日)後5:00~2021年2月14日(日)後11:59

※アーカイブ配信について、視聴可能期間内であれば何度でも視聴可能。

※キャスト・スタッフの感染症予防対策を徹底した上で本イベントの運営を行います。
カテゴリ