シソンヌ・じろう、歌声は若き新妻聖子? 長谷川が暴露「褒められているワケではない」

シソンヌ・じろう、歌声は若き新妻聖子? 長谷川が暴露「褒められているワケではない」

 お笑いコンビ・シソンヌ(じろう、長谷川忍)が17日、東京・池袋の東京建物 Brillia HALLで行われたミュージカル『モンティ・パイソンのSPAMALOT』の開幕直前取材に参加した。



【動画】シソンヌ・じろうへの相方愛を爆発させた長谷川忍



 『今日から俺は!!』などを手がけた福田雄一氏が演出を務めるミュージカル。じろうは物語の案内人で唯一の現代人であるマルチを、長谷川は学者肌でそこそこ知性はあるものの少々的外れなオトボケ騎士のベディヴィア卿を演じる。



 舞台の見どころについて、じろうは「僕は歌を一生懸命に。先ほど、新妻(聖子)さんに『若いころの、歌を歌い出したころの私を見ているみたい』と言われました。そこで勝負をしていきたい」ときっぱり。長谷川は「相方が新妻さんに歌を褒められと言っていましたけど、よくよく聞いたら『若いころの、ただただがむしゃらに無謀に歌っているころの私の声と一緒だ』と。褒められているワケではない」と暴露。それでも「うちの相方のハイトーンボイスはなかなかいい目立ち方をしてます」とコンビ愛を口にしていた。



 本作は、「コメディ界のビートルズ」と称されるイギリスの人気コメディ・グループのモンティ・パイソンの大ヒット映画『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』(1975年)を元に作られたミュージカル作品。モンティ・パイソンのメンバーであるエリック・アイドルが脚本と作詞を担当し、全世界で上演された。



 有名な『アーサー王と円卓の騎士』をモチーフにした爆笑ギャグのほか、人気ブロードウェイ・ミュージカルのパロディが随所に登場。名シーンやミュージカル“らしい”大げさな歌、せりふ、ストーリー展開を容赦なくイジり倒すほか、タブーもギャグにする。2005年のブロードウェイでの初演時には、トニー賞の14部門ノミネートされ、最優秀ミュージカル賞含む3部門を受賞。日本では、2012年に初演、2015年に再演されている。



ミュージカル『モンティ・パイソンのSPAMALOT』は、あす18日から2月14日まで同所で、2月18日から23日まで大阪・オリックス劇場で、2月26日から28日までは福岡市民会館大ホールで上演される。



 取材には、山田孝之、賀来賢人、小関裕太、三浦宏規、矢本悠馬 、福田雄一氏も参加した。

カテゴリ