「こんな服あると助かる!」から生まれたこども服ブランド「アルトタスカル」

「こんな服あると助かる!」から生まれたこども服ブランド「アルトタスカル」


ベビー服・子供服に特化したEC事業を行う「チルドレン通信」から、子育てをする親世代の声を反映した“ちょっとした「あると助かる」こども服”の新ブランド「アルトタスカル」がリリースされる。

第1弾としてクラウドファンディングサイトMakuakeにて、1月13日(水)~2月25日(木)の期間中、「どっちもおもてTシャツ」と「おなかでぬ肌着」の支援を募集中だ。

「こんなのあると助かる」声から誕生



“こども服を通じて、世の中の子育てを応援したい”という思いから誕生した「アルトタスカル」。育児をする人たちからの『こんなのあると助かる』の声を聞いて、それらを実現していく新ブランドだ。

今回は、「どっちもおもてTシャツ」と「おなかでぬ肌着」を発表した。

肌刺激にも配慮された「どっちもおもてTシャツ」



表裏どちらからでも着ることができる「どっちもおもてTシャツ」。


“忙しい朝の時間。なぜか、いつも裏側に服を着てしまう”、“いつも裏返して服を脱ぐ”。そんな子どもたちに対し『どっちもおもての服があったらいいのに…!』というスタッフからの要望で、開発されたという。


単純にリバーシブルにするだけでなく、縫い目をフラットにし、首元のブランドネームや脇の洗濯ネームを縫い付けないことで、肌への刺激が少ない仕様となっているのもポイントだ。


シンプルで合わせやすいデザインで、かわいいラクダのチケット部分に名前を書き込めるスペースも。


カラーバリエーションも豊富な「どっちもおもてTシャツ」は、1枚/999円(税込)~。サイズは80cm~130cm。

お腹が冷えない「おなかでぬ肌着」



また、“寝相がすごくて、いつもお腹が出てしまう”、“元気に動き回るといつも背中から肌着が出てしまう”など、お腹の冷えを心配する親も少なくないはず。


そこで『ズボンからはみ出にくい肌着がほしい!』という要望を受けて開発されたのが、丈を長めに設計した「おなかでぬ肌着」。


こちらも、「どっちもおもてTシャツ」と同様に縫い目などにこだわっており、肌への刺激が少ない仕様だ。


「おなかでぬ肌着」は、2枚/990円(税込)~。服種はA半袖/Bタンクトップ/Cキャミソールの3種類から選べる。サイズは80cm~130cm。

育児中のパパママは、「アルトタスカル」を早速チェックしてみて。
カテゴリ