松坂桃李『スラムダンク』映画化で激震 ファンとして出演望むも複雑な心境「オリジナルのモブ役で」

松坂桃李『スラムダンク』映画化で激震 ファンとして出演望むも複雑な心境「オリジナルのモブ役で」

 俳優の松坂桃李(32)が18日、都内で行われた映画『あの頃。』(2月19日公開)の完成披露報告会に参加。“推し”について熱く語った。



【動画】『スラムダンク』作品愛を熱弁する松坂桃李



 松坂が演じるのは、松浦亜弥の大ファンという役どころ。オファーを振り返った松坂は「マネージャーさんから、お話をいただいたのは『ファンの役です。どうですか?』と言われました。松浦先輩か…、と。僕が中学1年生の時の中学3年生に松浦さんが本当にいた。『Yeah! めっちゃホリディ』とか歌っているガーッと言っている時に遠目から(見ていた)。中学の記憶がバーっと出てきた。これは、もうやるしかない、やらせていただきます、と」とにっこり。



 中学時代の松浦については「スターって、こういう輝き方をするんだな、と。歩くたびにキラキラしたものが、残り香のように残っていた」と笑顔。芸能界入り後は話したことはないそう。「中学の時にサインをもらいに行ったら、やんわり断られました(笑)。『あ、事務所が』って」と思い出を明かしていた。



 そして、イベントでは推しについてトーク。「私の推しは『スラムダンク』です。映画化になるの、ご存知ですか? 激震が走りましたね。もう、ホントに…。それぐらい『スラムダンク』ファンの中では異例で事件みたいなこと。それぐらい熱狂的なファンが多いカテゴリで、僕もそのうちの1人」と熱い思いを吐露した。バスケットを始めたのも、『スラムダンク』があったからという。



 ロッチのコカドケンタロウが「キャストは発表しているんですか?」と実写化と想定した発言をすると、松坂は「実写化だと思ってます? アニメです。怖いことを言わないでください」と食い気味に返答。コカドが「ほかの映画のことをしゃべってるやんって思った」とニヤリとすると、今泉力哉監督は「これがきっかけで関わろうとしているんじゃない? これは仕事を取りにいってる」と邪推。松坂は「やめてください…」と大慌てしながら、やりたい役の希望を問われると「声優さんがやられていることなので僕が入るなんて、ホントにありえないこと。もし、なにか関われることがあるなら宣伝広告やオリジナルキャラのモブという感じで」と作品への愛があふれる関わり方を挙げていた。



 『あの頃。』は、神聖かまってちゃんの元マネージャー・劔樹人氏によるハロプロの熱い愛と、大切な仲間たちとの出会いと別れを描いた自伝的青春コミックエッセイ『あの頃。男子かしまし物語』が原作。アイドルにのめり込んでいく主人公・劔(つるぎ)を松坂が演じ、金なし、彼女なしのどん底生活を送りながら、松浦亜弥のMVを見たきっかけにアイドルにドハマり。やがて仲間たちと共に遅れてきた青春の日々を謳歌していく。



 この日は、仲野太賀、山中崇、若葉竜也、芹澤興人も参加した。

カテゴリ