福士蒼汰主演『神様のカルテ』レギュラー&第1話ゲストを発表

福士蒼汰主演『神様のカルテ』レギュラー&第1話ゲストを発表

 俳優の福士蒼汰が主演する、テレビ東京系ドラマスペシャル『神様のカルテ』(2月15日午後8時スタート、2時間×4話)の新たな出演者5人と、第一夜のゲストが発表された。



【写真】第一夜のゲスト出演者(風吹ジュン、岡山天音、宮澤エマ)



 同ドラマは、良い医師とは何かを考え、患者と正面から向き合う、1人の若き医師の苦悩と成長を描いた、夏川草介氏のベストセラー小説「神様のカルテ」「神様のカルテ2」「神様のカルテ3」「新章 神様のカルテ」の計4冊の長編を実写化。主人公・栗原一止役の福士に加え、妻・ハル役の清野菜名、古狐先生役のイッセー尾形、大狸先生役の北大路欣也らが出演する。



 今回は、一止が勤務する「本庄病院」で働く医師や看護師を演じるキャストを発表。救急看護師長・外村勝子役に新山千春。病棟新人看護師・水無陽子役に伊原六花。病棟看護師・御影深雪役に上原実矩。循環器内科医・自若(小山田英秋)役に村杉蝉之介。事務長・金山弁治郎役に渡辺いっけい。



 また、第一夜のゲストに、胆のう癌(がん)と闘う本庄病院の入院患者で、周囲にいつも温かな笑顔を見せてくれることから“癒しの安曇さん”と呼ばれている安曇清子役に風吹ジュン。一止が住むアパート「御嶽荘」の住人で、信濃大学大学院文学部に在籍しているという“学士”こと橘仙介役に岡山天音。そんな学士を優しく見守る姉・橘楓役に宮澤エマ。さらに、平山祐介、小倉一郎が出演する。



 第一夜は、母校の医局から誘いを受けた一止が、余命わずかと宣告された安曇をはじめ、さまざまな患者たちと向き合いながら、葛藤する姿が描かれる。
カテゴリ