山下美月『CanCam』大特集で私生活の“内緒バナシ” 乃木坂46センターの重圧と覚悟も語る

山下美月『CanCam』大特集で私生活の“内緒バナシ” 乃木坂46センターの重圧と覚悟も語る

 人気アイドルグループ・乃木坂46の山下美月が、22日発売の女性誌『CanCam』3月号(小学館)に登場。27日にリリースする乃木坂46の26thシングル「僕は僕を好きになる」で、初のセンターを務める山下の魅力を大特集する。



【別カット】思い出の場所で開放感あふれる写真を撮影した山下美月



 乃木坂の絶対エースと呼ばれた白石麻衣が、昨年10月に卒業し、堀未央奈も今回の新曲の活動を最後に、卒業を発表する中、山下は新センターとして脚光を浴びている。同誌では、2018年から専属モデルを務め、女子あこがれのファッションアイコン、ビューティアイコンとしても活躍してきた。



 今回の特集では、山下が思い出の場所をめぐりながら、今感じていることやプライベートのこと、心の中をたっぷりと告白。気になる思い出の場所については「はじまりの場所」「忘れられない場所」「ハマって通った場所」「なぜか心地いい場所」の4ヶ所を紹介していく。



 ちょうど1年前には、ベストセラーとなった1st写真集『忘れられない人』が発売。秋には映画『映像研には手を出すな!』でメインキャラクターを務め、そして11月、センターに抜てきと、昨年はめまぐるしく変わった年となった。インタビューでは、改めてセンターに選ばれたときの心境について「正直に言うと、重圧を感じてすぐに『頑張ります』みたいなポジティブな感情にはなれませんでした。『私、大丈夫かな?耐えられるかな?』って」と振り返る。



 そんな選抜発表後の胸中を吐露したブログが、感動的と話題になったが、センターに立った今、思うことは「やらせていただくからには、この新曲のメッセージや乃木坂46の熱い思いを伝えたいです」という強い気持ち。重圧をはねのけるまでの心の変化がインタビューにあふれている。特集では、このほかにも「20のプライベート内緒バナシ」など初出し情報が満載で、最近、新調した部屋のインテリアも初公開される。
カテゴリ