高田文夫氏、入院中の田中裕二に笑いでエール 松村邦洋は太田光代社長から逆に心配される?

高田文夫氏、入院中の田中裕二に笑いでエール 松村邦洋は太田光代社長から逆に心配される?

 放送作家の高田文夫氏、タレントの松村邦洋、磯山さやかが、22日放送のニッポン放送『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(月~金 前11:30)に生出演。爆笑問題の田中裕二が20日、くも膜下出血・脳梗塞のため入院したことを受け、笑いを交えながらエールを送った。



【写真】山口もえが公開…田中裕二&娘のほっこり2ショット



 松村が「田中さんが倒れたから、太田光代社長に電話したら『お菓子食べすぎだったのよ。それより、松ちゃん、腕落ちた』って言われて…」と、新型コロナウイルス明けで松村の腕が落ちたという同ラジオでのくだりを受けたやり取りがあったとコメント。高田氏は「心配したけど、奥さん(山口もえ)と社長が段取りしてくれたみたいで…」と安堵しながら「『ケンミンショー』は太田がやるんだろ? だったら太田:7、高田:3でギャラ振り込んで」と笑わせていた。



 田中は20日午前2時ごろ、自宅で頭痛を訴え都内の病院に搬送。検査の結果、前大脳動脈解離による、くも膜下出血、脳梗塞と診断された。容態に関して所属事務所は、「搬送された病院での処置により、幸い大事に至ることはなく、さらなる検査の結果、今のところ手術等の必要性もなく、田中裕二本人も変わりありませんので、入院期間1週間程度の診療計画となりました」としたが、動脈解離が前大脳であるため、大事を取って1ヶ月程度休養するとしている。



 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。
カテゴリ