北海道余市のキャメルファームワイナリーから2019年ヴィンテージ第3弾登場

北海道余市のキャメルファームワイナリーから2019年ヴィンテージ第3弾登場


北海道・余市町登地区にある「キャメルファームワイナリー」から、2019年ヴィンテージの第3弾として、新作スパークリングワインと樽熟成の赤ワインの新ヴィンテージが登場。1月22日(金)から、カルディコーヒーファームとカルディコーヒーファームオンラインストアにて発売される。

冷涼な北の大地の特長を最大限に生かすワイン造り


眼下に日本海を望み、海からの風がミネラルを運ぶ、三方を山で囲まれた余市町登地区。なだらかな丘陵に、13ヘクタールの垣根仕立ての畑が広がる「キャメルファームワイナリー」は、世界でも稀なぶどうの樹が雪の下で冬を越す冷涼な北の大地にて、ぶどう品種の魅力、テロワールの特長を最大限に引き出すワイン造りに取り組んでいる。

ノンドサージュのスパークリングワイン



スパークリングワインの新作は、ぶどう本来の持ち味を生かしたワイナリー初のノンドサージュのスパークリングワイン「ウニタ ブリュット・ナチュレ・ドサージュ・ゼロ 2019」。内容量は750mlで、価格は3,000円(税抜)。

やや緑がかったペールイエローに輝く、きめ細かい泡立ち。フレッシュな柑橘系の果実や青リンゴのような爽やかな香りと、石灰やトースト、ホワイトペッパーが感じられる白い花のような華やかな香り。さわやかなアタック、心地よいシャープな酸に、グレープフルーツのような苦味と、フレッシュで生き生きとした味わい。後味に程よい旨味を感じる辛口のスパークリングワインだ。ドサージュを行わず、ぶどう本来の持ち味が反映される力強いスパークリングワインに仕上げている。

ブドウ品種は、レジェント、レンベルガー、バッカス、ツヴァイゲルト、ピノ・ノワール、ケルナー。

3種のぶどう品種の個性を引き立てる赤ワイン



「ウニタ プライベートリザーブ」の新リリースは、樽熟成により3種のぶどう品種の個性を引き立て、巧みなブレンドにより複雑味のあるエレガントな繊細さが際立つ仕上がりの赤ワイン。内容量は750mlで、価格は5,000円(税抜)。


美しく輝く、紫がかったガーネット色で、ブラックチェリーやプラム、ブラックベリーのような濃厚な黒系果実の香りに、少しミントやオリエンタルスパイス、ロースト香を感じる複雑で豊かな香り。口当たりは熟れた黒系果実のような甘み、きめの細かなタンニン、心地よい酸、ブラックペッパーのようなスパイシーさと樽のリッチな風味が感じられる中重口の赤ワインだ。

ブドウ品種は、ツヴァイゲルト、レジェント、レンベルガー。

同ワイナリーでは、3月に2019年ヴィンテージの第4弾“UNITA ウニタ”シリーズのスパークリングワイン(白)とロゼワインが発売予定なので、そちらもお楽しみに。
カテゴリ