三四郎・小宮浩信、コロナから回復で仕事復帰 ラジオに生出演「あけましておめでとうございます!」

三四郎・小宮浩信、コロナから回復で仕事復帰 ラジオに生出演「あけましておめでとうございます!」

 新型コロナウイルスに感染し、療養中だったお笑いコンビ・三四郎の小宮浩信(37)が仕事復帰を果たし、22日深夜放送のニッポン放送『三四郎のオールナイトニッポン(ANN)』(毎週金曜 深1:00)に生出演した。



【写真】金曜パーソナリティーを務める『三四郎のオールナイトニッポン』



 小宮は冒頭で「あけましておめでとうございます! 小宮浩信です。今年初登場ということでね、初オンエアですね。500キロオーバーね」と『オンバト』ネタをはさみつつ、元気な声であいさつ。コロナで療養していたことから、同番組への出演は今年初となった。



 小宮は「熱とかまったく出てなかった。無症状で、せきとか嗅覚障害もないし、肺炎とかでもないし、自覚なかったんだけども…。5日目くらいに1回、38度くらいまで上がったんだけど、朝には治っていた。熱が下がらなかったら外に出たらいけないんだけど、無症状だったから、10日後に出られるということで、17日まで待って、18日から出て、PCR受けに行って陰性だった。念のためということで、きょうがはじめだよね」と仕事復帰を報告した。



 所属するマセキ芸能社が8日、公式サイトで「当社所属の三四郎小宮浩信(37歳)が新型コロナウイルスに感染していることが本日1月8日(金)に判明いたしました。このたび、正月休み期間中に、担当マネージャーが陽性になった為、無症状ではありましたが、念のためPCR検査を受けたところ、陽性との結果でした」と報告。検査前は、正月休み期間中で、三四郎として仕事はしておらず、相方の相田周二(37)もPCR検査を実施したところ、陰性だったと伝えた。



 8日放送のニッポン放送『三四郎ANN』は、急きょ特別番組『はんにゃ金田哲と四千頭身・都築拓紀のオールナイトニッポン』へと変更されたが、番組冒頭に電話出演を果たした小宮は「保健所の指示を待っていて、自宅待機中、平熱で無症状、体は全然元気で熱も出てません」と現状を伝えていた。



 この日の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。
カテゴリ