声優・雨宮天のズボラ料理話題 必要なのは“愛情より屈服力”で「ピーマンを刺す!」

声優・雨宮天のズボラ料理話題 必要なのは“愛情より屈服力”で「ピーマンを刺す!」

 アニメ『七つの大罪』エリザベス役、『この素晴らしい世界に祝福を!』アクア役などで知られる人気声優・雨宮天が23日、自身のYouTubeチャンネルで料理動画『雨宮天の屈服クッキング#2【ピーマンの肉詰め 後編】』を公開した。“ズボラ料理”にネット上では「ピーマンの肉詰めじゃなくて肉のピーマン詰めだったw」「お肉を丸々フライパンに入れたときはどうなるかと思ったけど、完成したらとても美味しそうで!」など反応し、“ピーマンの肉詰め”がツイッター上でトレンド入りした。



【動画】「刺す!」少し焦げたピーマンの肉詰め…味には満足の雨宮天



 「屈服クッキング」は、雨宮が「料理に必要なのは愛情などではない。屈服力だ」という持論のもと、一人でも多くの人間を屈服させることを目標に行う「超ズボラな自己流料理」。12月より企画がスタートし、これまで肉じゃがを調理する動画を投稿し、今回はピーマンの肉詰め動画を投稿した。



 動画は企画説明からスタートし「さぁ、屈服する準備は出来ましたか?」と呼びかけながら、本編が開始。自身の名前らしく青のTシャツ姿で青のエプロン姿でキッチンに立つ雨宮は「ピーマン一個一個にお肉詰めるのめんどくさいじゃん。ピーマンの肉詰め大好きだけど、それはちょっとやりたくないなって感じなので」と早速ズボラ。



 続けて「これ、油引いたほうがいいのかな。引かなくても結構油出るからいけちゃうかな」と考えながらも、「ちょっと小さめのフライパンを使ってフライパンの形につぶしていきます」「ここに、さっきまぶしたピーマンを刺す!」などと視聴者に自己流料理の作り方を紹介した。



 そして、無事に完成し味見した雨宮は「あづい…(おいしい)」とモグモグしながら「刻んだ玉ねぎもいい仕事をしていますし、肉とピーマンも外れないし、これは…いいんじゃないか?! ピーマンの『肉埋め』“雨宮流”ちょっと他の人にも教えてみたいかもしれないですね」と呼びかけ「屈服成功」と喜んだ。



 チャンネルの登録者数20万人を数え、1回目に投稿した肉じゃが動画は44万回再生し、注目されている雨宮のズボラな料理動画。今回の料理する雨宮の姿に視聴者も「もしかして焦げちゃったのかなと思いましたが、今回も美味しく出来上がりましたね!屈服致しました」「視聴者の不安を煽りつつ、出来上がりを綺麗にキメるあたり、、、流石です!」「嫁にしたい」「適度なズボラ加減だし、分量がまた良い表現ですごく好き~」「天ちゃんの料理は美味しそうだし合理的でやりやすそうだからマネしてみたいんだけど、料理初心者の自分は詳しいレシピがないと失敗しそう」などと屈服させられていた。

カテゴリ