『ドラ恋』新シーズンは、“恋愛ドラマ”原案を一般募集 鈴木おさむ氏が脚本化

『ドラ恋』新シーズンは、“恋愛ドラマ”原案を一般募集 鈴木おさむ氏が脚本化

 ABEMAで人気を博すオリジナル恋愛リアリティーショー『恋愛ドラマな恋がしたい』の 新シーズンが5月より配信決定。若手俳優が毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかける同番組内で、今回初めて恋愛ドラマの原案を一般募集。大賞は原案としてこれまでのシーズンで劇中ドラマを手掛けてきた放送作家・鈴木おさむ氏が脚本化する。



【写真】前シーズン出演者8人のソロカット



 番組内の恋愛ドラマで主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。役を勝ち取るために、回ごとにペアが変わる相手役と稽古を重ねながら、台本に用意されている様々なキスシーンを演じていく。前シーズンでは、シーズン史上初となる“全話ベッドでのキスシーン”という、体当たりかつ高度な演技力が求められる本格的な恋愛ドラマに加え、共同生活を過ごす中で生まれる葛藤、嫉妬、駆け引きなど、むき出しになるリアルな感情や恋愛模様が大きな話題を呼び、同チャンネルの恋愛リアリティーショーの中で20代30代の女性から最も見られた人気番組となった。(※「恋愛ドラマな恋がしたい」最新シーズンの視聴者数より算出)



 鈴木氏といえばテレビ朝日/ABEMAの連続ドラマ『M 愛すべき人がいて』などで知られ、番組の企画・構成・脚本を担当。今回の新シーズンではシリーズ全話のドラマ原案を一般募集するため、選ばれた大賞の原案を鈴木氏が台本に仕上げ、新シーズンに出演する主演を勝ち取った若手俳優によって実写ドラマ化するという、シーズン史上初の試みとなる。



 作品は国内の各種配信チャートで1位を席巻しているYOASOBIを生み出した物語投稿サイト『monogatary.com』とコラボレーションし『あの日、キスをした理由』というテーマで募集を受け付け。25日の午後3時から2月9日の午後2時59分まで応募可能となる。



 鈴木氏は「今回、ドラ恋初、みなさんから恋愛ドラマの原案を募集するということで、今までにないドラ恋ドラマが作れると思い、非常に楽しみです。皆さんが経験した恋でのキス、妄想の恋でのキス、短くてもいいので、参加してもらえるとうれしいです!」と呼びかけている。
カテゴリ