菅田将暉、5年前の自分を酷評「評判悪かった」 多忙を極め過ぎてピリピリムードに

菅田将暉、5年前の自分を酷評「評判悪かった」 多忙を極め過ぎてピリピリムードに

 俳優の菅田将暉(27)、女優の有村架純(27)、土井裕泰監督(56)が26日、都内で行われた映画『花束みたいな恋をした』(29日公開)の公開直前イベントに参加した。



【動画】菅田将暉が「評判悪かった」と語った当時を明かす有村架純



 劇中で経過する5年は、菅田と有村が共演した前作『何者』から経過した5年と同じ。有村は「『何者』で共演させてもらった時は本当に全然、しゃべらなかった。しゃべりかけづらいわけではなかったんですけど、壁があったのかな?」と振り返る。



 それを聞いた菅田は「当時は話しかけづらかったんだろうね、察するに(笑)。その時期の評判は悪いもん、俺。よく言われる」と苦笑い。有村が「忙し過ぎたんだね、きっと」とフォローすると、菅田は「眠そうで、ちょっとピリピリしていたんだと思う」とざんげした。5年で変化した点として「気持ちが変わったのかもしれないですね」と打ち明けた。



 本作は、『東京ラブストーリー』(1991年)、『Mother』(10年)、『最高の離婚』(13年)など多くの連続ドラマを手掛けている脚本家・坂元裕二氏が“2020年の東京”を舞台に書き下ろしたオリジナルラブストーリー。



 菅田演じる山音麦(やまね・むぎ)と有村演じる八谷絹(はちや・きぬ)は、明大前駅で終電を逃したことで偶然出会った大学生。好きな音楽や映画がほとんど同じで、恋に落ちた麦と絹は、大学を卒業してフリーターをしながら同せいを始める。拾った猫に2人で名前をつけて、渋谷パルコが閉店してもスマスマが最終回を迎えても、日々の現状維持を目標に就職活動を続けるが──。ずっと一緒にいたいと願い続けた麦と絹が過ごした“最高の5年間”が描かれる。

カテゴリ