『日本アカデミー賞』優秀アニメーション賞に『鬼滅の刃』『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』など

『日本アカデミー賞』優秀アニメーション賞に『鬼滅の刃』『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』など

 2019年12月16日から2020年12月31日までに日本で公開された優秀作品を表彰する『第44回日本アカデミー賞』15部門と新人俳優賞の受賞者・作品が27日、発表された。優秀アニメーション作品賞は『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』、『映画 えんとつ町のプペル』『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』『ジョゼと虎と魚たち』『STAND BY ME ドラえもん 2』の5作品。最優秀賞は3月19日に東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われる授賞式で決定する。



【写真】『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』など受賞作のビジュアル



 『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は京都アニメーション制作で2018年1月期に放送されたTVアニメの劇場版。昨年9月18日に公開され、コロナ禍にもかかわらず長く興行収入ランキングTOP10に残り続けるロングランヒットとなり、今月14日付で動員145万2331人、興収21億1万4400円 を記録した。かつて「武器」と呼ばれた少女、ヴァイオレット・エヴァーガーデンが、大戦終結後、相手の想いをすくい上げ、手紙を書く代筆業「自動手記人形」という仕事を通して描かれる、感情を持たない彼女が“愛”を知るまでの物語。



 『映画 えんとつ町のプペル』(昨年12月25日公開)はキングコング・西野亮廣が製作した絵本を原作に、西野自身が製作総指揮・原作・脚本を務めた。いつも厚い煙に覆われ、空を見あげることを忘れた「えんとつ町」を舞台に、星を信じる少年ルビッチと、ハロウィンの夜にゴミから生まれたゴミ人間プペルが「星を見つける旅」へと出る物語。



 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は、吾峠呼世晴氏の漫画を原作に2019年4月から放送されたTVアニメの続編となる作品で、社会現象を巻き起こした。昨年末、19年ぶりに日本の歴代興行収入の1位記録を塗り替えたことは記憶に新しく、現在も興収365億円(1月25日発表)を突破し動員を伸ばし続けている。TVアニメの最終話からつながる劇場版は、鬼が乗っ取った“無限列車”を舞台に、主人公・炭治郎と炎柱・煉獄杏寿郎らが鬼と戦うストーリーが展開されている。



 『ジョゼと虎と魚たち』は田辺聖子氏が1984年『月刊カドカワ』で発表した短編が原作。03年には、実写映画化され、ジョゼ(くみ子)を池脇千鶴、恒夫を妻夫木聡が演じた。趣味の絵と本と想像の世界に生きる車椅子のジョゼは、自分の夢を追いかける大学生・恒夫とある晩に出会い、意を決して彼とともに外の世界へ飛び出すことに決める──。みずみずしく真っすぐな純愛の中、誰かを通じて自分と互いを知り前に進む姿が、楽しさと切なさ、痛みと喜びを交え描かれる。



 『STAND BY ME ドラえもん 2』は、“大人も泣けるストーリー”として話題を集め、国内興収83.3億円、全世界興収100億円突破するヒットを記録した『STAND BY ME ドラえもん』の続編。前作に引き続き、山崎貴(脚本・監督)と八木竜一(監督)の名コンビが本作を手掛け、原作の中でも名作として知られる「おばあちゃんのおもいで」(原作4巻)をベースに新たなオリジナル要素を加えて再構築。さらに、のび太としずかちゃんの結婚をめぐるラブストーリーが描かれたその先に続く物語となっている。



 選考対象作品は、日本映画154本・外国映画210本で、日本アカデミー賞協会の会員・3953人による投票が行われた。同賞の司会は、女性司会者に昨年の『日本アカデミー賞』で最優秀主演女優賞を受賞したシム・ウンギョン、男性司会者は昨年に続き、フリーアナウンサーの羽鳥慎一が担当する。



 『第44回日本アカデミー賞』優秀賞の主な受賞結果は次の通り。



■優秀作品賞



『浅田家!』

『男はつらいよ お帰り 寅さん』

『罪の声』

『ミッドナイトスワン』

『Fukushima 50』



■優秀アニメーション作品賞

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』

『映画 えんとつ町のプペル』

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』

『ジョゼと虎と魚たち』

『STAND BY ME ドラえもん 2』



■優秀監督賞

内田英治(『ミッドナイトスワン』)

河瀬直美(『朝が来る』)

土井裕泰(『罪の声』)

中野量太(『浅田家!』)

若松節朗(『Fukushima 50』)



■優秀脚本賞

内田英治(『ミッドナイトスワン』)

中野量太/菅野友恵(『浅田家!』)

野木亜紀子(『罪の声』)

前川洋一(『Fukushima 50』)

山田洋次/朝原雄三(『男はつらいよ お帰り 寅さん』』)



■優秀主演男優賞

小栗旬(『罪の声』)

草なぎ剛(『ミッドナイトスワン』)

佐藤浩市(『Fukushima 50』)

菅田将暉(『糸』)

二宮和也(『浅田家!』)



■優秀主演女優賞

小松菜奈(『糸』)

永作博美(『朝が来る』)

長澤まさみ(『コンフィデンスマンJP プリンセス編』『MOTHER マザー』)

倍賞千恵子(『男はつらいよ お帰り 寅さん』)

広瀬すず(『一度死んでみた』)



■優秀助演男優賞

宇野祥平(『罪の声』)

妻夫木聡(『浅田家!』)

成田凌(『窮鼠はチーズの夢を見る』)

星野源(『罪の声』)

渡辺謙(『Fukushima 50』)



■優秀助演女優賞

江口のりこ(『事故物件 恐い間取り』)

黒木華(『浅田家!』)

後藤久美子(『男はつらいよ お帰り 寅さん』)

桃井かおり(『一度も撃ってません』)

安田成美(『Fukushima 50』)



■新人俳優賞

服部樹咲『ミッドナイトスワン』

蒔田彩珠『朝が来る』

森七菜『ラストレター』

岡田健史『望み』『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』『弥生、三月-君を愛した30年-』

奥平大兼『MOTHER マザー』

永瀬廉『弱虫ペダル』
カテゴリ