2020年映画興収 1432.8億円 コロナ禍が影響…2000年以降の最低を記録

2020年映画興収 1432.8億円 コロナ禍が影響…2000年以降の最低を記録

 日本映画製作者連盟は27日、2020年(令和2年)の全国映画概況を報告。新型コロナウイルス禍が影響し、邦画と洋画を合わせた国内興行収入の合計は1432億8500万円(前年度比54.9%)で、過去最高であった昨年と比べ大幅減。2000年以降の最低を記録となった。総動員数は1億613万人(前年度比54.5%)。



【画像】『ONE PIECE』尾田栄一郎氏が『鬼滅の刃』人気に言及



 2020年に日本国内で公開された作品は、邦画506本(前年より183本減)、洋画511本(前年より78本減)の計1017本。興行収入は邦画1092億7600万円、洋画が340億900万円、構成比は邦画76.9%、洋画28.6%となった。邦画では100億円突破が1作品『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(365.5億円)。



◆2020年邦画興行収入上位10作品(令和3年1月発表)

1位:『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』365.5億円(東宝/アニプレックス)※

2位:『今日から俺は!!劇場版』53.7億円(東宝)

3位:『コンフィデンスマンJP プリンセス編』38.4億円(東宝)

4位:『映画ドラえもん のび太の新恐竜』33.5億円(東宝)

5位:『事故物件 恐い間取り』23.4億円(松竹)

6位:『糸』22.7億円(東宝)

7位:『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』21.3億円(松竹)※

8位:『カイジ ファイナルゲーム』20.6億円(東宝)

9位:『劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] III. spring song』19.5億円(アニプレックス)

10位:『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』17.9億円(東宝)



◆2020年洋画興行収入上位4作品(令和3年1月発表)

1位:『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』73.2億円(WDS)

2位:『パラサイト 半地下の家族』47.4億円(ビターズ・エンド)

3位:『TENET テネット』27.3億円(WB)

4位:『キャッツ』13.5億円(東宝東和)

※は現在上映中
カテゴリ