日本の街にフランスの色を!「ルノー カングー」5色の限定車が登場

日本の街にフランスの色を!「ルノー カングー」5色の限定車が登場


ルノー・ジャポンは、機能的で使い勝手に優れ、カラフルなボディカラーが人気のルノー カングーに、5色のボディカラーを用意した限定車「ルノー カングー パナシェ」をラインアップ。1月25日(月)から全国のルノー正規販売店にて、380台限定で販売している。

広い室内空間と高い機能性「ルノー カングー」


ルノー カングーは、広い室内空間と高い機能性から、欧州ではLUDOSPACE(ルドスパス/遊びの空間)と呼ばれて親しまれてきた車種。

随所に散りばめられた遊び心のあるデザインや、機能的で使い勝手に優れたユーティリティー、広くて高い開放的な室内空間、大容量のラゲッジスペースなど、たくさんの工夫が凝らされている。

“日本の街にフランスの色彩感覚で彩りを”


同車種はその使い勝手とともに、カラフルなボディカラーも特徴のひとつ。今回の「ルノー カングー パナシェ」は“日本の街にもっとフランスの色彩感覚で彩りを与えたい”という想いをルノー カングーで表現しているのが特長だ。

パナシェは「色彩を豊かにする」を意味するフランス語。「ルノー カングー パナシェ」には、5色のボディカラーに、ボディ同色フロントグリルブレード(ジョン アグリュムはのぞく)、ブラックフロントバンパー、ブラックリアバンパー、ブラックドアミラーが装備される。

価格は250万円台から



ボディカラーがイヴォワールの6MTのみ、1月25日(月)~1月31日(日)の期間限定で予約の申込みを受付け、申込みが販売台数を上回った場合は、抽選販売となる。

メーカー希望小売価格は「ルノー カングー パナシェ EDC」が2,647,000円(税込)。「ルノー カングー パナシェ 6MT」が2,546,000円(税込)。各色、30・50・100台の限定のため、気になる人はルノー・ジャポン公式ホームページにて早速チェックを。
カテゴリ