アニメ『メガロボクス』続編、4月放送開始 『あしたのジョー』原案でキャスト続投

アニメ『メガロボクス』続編、4月放送開始 『あしたのジョー』原案でキャスト続投

 漫画『あしたのジョー』を原案とし、同作の連載開始50周年記念プロジェクトとして2018年に放送されたテレビアニメ『メガロボクス』の続編となるオリジナルテレビアニメ『NOMAD メガロボクス2』が、4月よりTOKYO MX、BS11にて放送されることが決定した。肉体とギア・テクノロジーを融合させた究極の格闘技“メガロボクス”を取り巻く人々と、主人公・ジョーの“完全燃焼のその先”となる、新たなドラマが描かれる。



【動画】7年後のジョー描く!白熱のボクシングシーン満載のPV



 原案となる『あしたのジョー』は、ボクシングにすべてをかける主人公・矢吹丈の生き様を描いた作品。1968年から1973年まで『週刊少年マガジン』(講談社)にて連載され、その連載開始50周年を記念して、2018年4月にアニメ『メガロボクス』が放送。『あしたのジョー』の作品世界を再構築し、近未来を舞台にギアを装着して闘う格闘技“メガロボクス”に関わる人間たちの熱いドラマを描き、挑戦的なオリジナル作品として人気を博した。



 3年ぶりの続編となる『NOMAD メガロボクス2』は、前作のメインスタッフ・キャストが再集結。アニメーション制作は、アニメ『あしたのジョー2』を制作した東京ムービー新社を系譜に持ち、『名探偵コナン』『ルパン三世』シリーズなどを手掛けるトムス・エンタテインメントが前作に引き続き担当する。



 また、ティザービジュアル、ティザーPVなども解禁。ティザーPVでは、前作『メガロボクス』最終話で展開された決勝戦から7年の時が経過し、ジョーの身に何があったのか? 本編で描かれるジョーのその後の物語を見ることができる。メインキャストは細谷佳正(ジョー/ノマド役)、斎藤志郎(南部贋作役)、安元洋貴(勇利役)、村瀬迪与(サチオ役)と前作から続投する。



■あらすじ

肉体とギア・テクノロジーを融合させた究極の格闘技“メガロボクス”。その頂点を決めるトーナメント“メガロニア”に、ギアを着けず生身の体で挑んだボクサーのギアレス・ジョー。最下層の地下リングからたった三ヶ月で頂点へと駆け上がり、奇跡の優勝を遂げた伝説のチャンピオンの姿に人々は熱狂し夢を見た。しかし、それから7年後、ギアレス・ジョーは再び地下のリングに立っていた。傷だらけの体にギアを装着し、自ら“ノマド”と名を変えて…。



■スタッフ

原案:「あしたのジョー」(原作:高森朝雄、ちばてつや/講談社刊)

監督・コンセプトデザイン:森山洋

脚本:真辺克彦・小嶋健作

キャラクターデザイン:倉島亜由美

サブキャラクターデザイン:金田尚美

音楽:mabanua

アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

製作・著作:メガロボクス2プロジェクト



■キャスト

ジョー/ノマド:細谷佳正

南部贋作:斎藤志郎

勇利:安元洋貴

サチオ:村瀬迪与

カテゴリ