櫻坂&日向坂、ドラマ共演で互いの“不思議”明かす 楽屋の過ごし方にも違い「なんでそんなに明るいんですか?」

櫻坂&日向坂、ドラマ共演で互いの“不思議”明かす 楽屋の過ごし方にも違い「なんでそんなに明るいんですか?」

 櫻坂46の森田ひかる、渡邉理佐、日向坂46の齊藤京子、濱岸ひよりが29日、オンライン上で開催されたひかりTVオリジナルドラマ『ボーダレス』記者発表会に登壇した。このほど乃木坂46と櫻坂46、日向坂46の3組の“坂道グループ”が共演するドラマが初めて誕生。メインキャスト7人のメンバーのなかから櫻坂と日向坂より2人ずつ会見に参加し、互いに共演を経て“不思議”だと感じたことを明かした。



【場面写真】自称“何もかもが普通”な人生を送る高校生役の森田ひかる



 渡邉は楽屋での過ごし方について「日向坂さんの楽屋はわちゃわちゃ明るいと聞いて、櫻坂は自分に時間を使っているので結構静かめなんですけど…なんでそんなに明るいんですか?」と率直に質問。齊藤は「こっちも聞きたいです」と苦笑し、「私と濱岸は楽屋でも静かですけど、キャプテンの佐々木久美が楽屋番長で、隠しカメラがあったとしても常にいいものが撮れると思う。私も不思議です」と裏側でもグループに違いがある様子。



 また齊藤は「ひかるちゃんは真面目に頑張っているように見えて、テンションが高いと奇行をしがちで…昨日も木の枝を拾って頭に乗せてトナカイみたいにやってて。時折みせる子どもっぽいところがかわいい」と暴露すると、森田は「ちょっと恥ずかしいんですけど、トナカイの角っぽい枝が落ちててメイキングカメラに向けてやってました…」と照れながら微笑ましい一面をのぞかせた。



 さらに森田から「日向坂46さんの衣装ってすごくかわいらしかったり、空色や水色がとても似合う。ピンクや黄色のカラフルな衣装ではメイクを変えたりしてるんですか?」と見た目について質問され、齊藤は「私は派手目な(衣装の)色ではハーフツインをしてるんですけど、大人っぽい衣装は髪型を変えたりしてメイクはあまり変えないです」と話し、濱岸も「私も基本的には変えないかも?」とうなずいた。



 姉妹を演じた渡邉と濱岸は「すごくいい子で、かわいくて、4つ年が離れているので本当に妹になってほしいくらいと思いながら撮影してました」といい、濱岸も「理佐さんが本当にお姉ちゃんみたいで休憩中もお話したりすごく楽しかったです」とすでに信頼関係を築いたよう。濱岸から「びっくりするくらい、お肌がきれいで不思議」と驚かれた渡邉は「ひよりちゃんも一緒にチョコを結構な量食べてるんですけど、ひよりちゃんこそ、ツルツルつやつやなので私が聞きたいくらい」と質問し返していた。



 共演に際して「意外と、坂道グループの方々とご一緒する機会はそんなに多くないので仲良くなりたいという気持ちで撮影しました」と渡邉。齊藤は「ファンの方がかぶっていたりするかもしれないので、一緒にいっぱい写真を撮ったりエピソードトークができるくらい思い出を作りたい」と意気込み、森田は「3坂道で、グループの雰囲気やカラーも違うのでそこは面白いところ。私なら櫻坂のカラーをお見せしたり、他のグループのカラーを観ていろんなことを吸収できたら」と期待していた。

 

 今作は、ある街で起きた殺人事件をきっかけに、 4つの物語の境界(ボーダー)が失われ、 それぞれの物語が交錯していく本格ミステリードラマ。次々に襲う不安や恐怖のなか、 少女たちは友情、羨望、慈悲、恋心などの複雑な感情を抱えながらボーダーを飛び越えて別世界の事件に巻き込まれていく。



 このほかメインキャストである小林由依(櫻坂46)、早川聖来(乃木坂46)、遠藤さくら(乃木坂46)は撮影現場からリモートで参加した。ひかりTV、ひかりTVチャンネル+ほかで3月より独占配信スタート。
カテゴリ