南仏のハーブが香るロクシタン「エルバブランシュ」シリーズが定番化へ

南仏のハーブが香るロクシタン「エルバブランシュ」シリーズが定番化へ


ライフスタイルコスメティックブランドのロクシタンは、昨年限定発売して人気を集めた、南仏にそよぐ聖なるハーブが香る「エルバブランシュ」シリーズを、1月27日(水)から定番製品として発売開始した。

草花のみずみずしい香りが特徴


「エルバブランシュ オードトワレ」10mL/3,740円(税込)は、雨上がりの草原で深呼吸した時のようなピュアな気持ちに導く、草花のみずみずしい香りが特徴。

ホワイトクローバーやマシュマロの草原の白い花々の香りがやさしく包み込み、聖なるハーブ・ホーリーグラスの清らかな香りが前向きな気持ちを呼び起こしてくれる。

気分転換やちょっとしたお出かけの時に


おうち時間の中で気分転換したい時や、ちょっとしたお出かけなど、ワンマイルの日常の中でも、透明感のある草花の香りがリフレッシュや気分転換の後押しをしてくれそう。

シリーズは全4品



このほか同シリーズから、植物由来の洗浄成分配合で優しく肌を洗い上げる「エルバブランシュ シャワージェル」250mL/3,190円(税込)、シアバター配合で肌をうるおいで包み込む「エルバブランシュ ボディミルク」250mL/4,290円(税込)、「エルバブランシュ ハンドクリーム」30mL/1,540円(税込)が新発売。

外出自粛が続くなか、“なかなか気分転換が難しく、気持ちが沈みがち…”という人は、「エルバブランシュ」のみずみずしい香りをまとってリフレッシュしてみては。
カテゴリ