高良健吾、事務所の“神対応”に感謝 富山での撮影「すごく良くしてくれて」

高良健吾、事務所の“神対応”に感謝 富山での撮影「すごく良くしてくれて」

 俳優の高良健吾が29日、都内で行われた映画『おもいで写眞』初日舞台あいさつに登壇。所属事務所・テンカラットの25周年を記念して制作された同作について「自分が所属している事務所が映画を作ること自体にびっくりしましたし、うれしかったです。振り返ると、自分がテンカラットに入った時って、悩んでいるというか、仕事に対して前向きになれないことが多かったですけど、今はうまく向き合えているような気がします」とかみしめるように語った。



【全身ショット】ブルーの鮮やかなワンピースで登場した深川麻衣



 富山県で撮影された同作だが、撮影中は事務所の“神対応”にも救われたようで「本当にすばらしいところで、食べるものも本当においしかった。うちの会社がすごく良くしてくれて」とにっこり。来月の節分を前に「呼び寄せたい福」については「先ほどから、ずっと考えているんですけど、やっぱり宝くじ(を当てたい)とかになっちゃうじゃないですか(笑)。そうすると、宝くじのCMとかですかね」と名乗りを上げていた。



 原作は、メガホンをとった熊澤尚人監督が「人が生きる豊かさと年を重ねる美しさ」を紡いだ同名の小説。深川麻衣が演じる結子は、東京でメイクアップアーティストを目指すが、頑固な性格が災いして、仕事をクビになってしまう。その中で、母の代わりに育ててくれた大切な祖母が亡くなった知らせが届き、後悔にさいなまれ、故郷へ戻ることを決断。幼なじみの一郎(高良健吾)から、「遺影」撮影の仕事を頼まれ、和子(吉行和子)との出会いからそれぞれの思い出あふれる場所で写真を撮る「おもいで写真」を撮り始める。



 舞台あいさつにはそのほか、深川麻衣、香里奈、熊澤監督も登壇した。
カテゴリ