おしゃれなあの子はきっと飾ってる…。実は手軽にできちゃう「ファブリックカレンダー」の作り方を紹介


おうちにいることが増え、スマホを見る時間も長くなっている今日この頃。



カメラロールを見返すと、思い出の写真がたくさん。すてきな写真なのに、現像もしないし、スマホに眠っているだけ…なんてことありませんか?



そこで今回は、思い出の写真を“カタチ”に残す、「ファブリックカレンダー」の作り方をご紹介いたします!



「ファブリックカレンダー」って知ってる?



おしゃれなインテリアとして今話題の、布にイラストや写真をプリントした「ファブリックカレンダー」。





実はこの「ファブリックカレンダー」、自分で簡単に作れちゃうんです◎



好きな写真や文字を入れてオリジナルデザインにできるので、プレゼントにもぴったり。



スマホに眠っている思い出の写真を、インテリアとして飾ってみてはいかがでしょうか。



材料はほぼ100円ショップで購入可



用意する材料はこちら。アイロン以外はすべて100円ショップでも手軽に揃えられるのがうれしいところです。




【用意するもの】

・アイロン

・アイロンプリント用紙

・アイロン台

・印字させたい布(綿や麻生地・色は白または淡色)

・リボンや紐など






作り方も簡単!不器用さんでも大丈夫



難しそうに見えますが、作り方もとっても簡単。




【作り方】

①使いたい写真を選ぶ(※画像反転させておく)

②アイロンプリント用紙に印刷する(コンビニや、自宅のプリンターで)

③台紙となる布をカットする

④アイロンで布に転写する

(アイロンの温度は「高」で。スチーム機能は使用せず、体重をかけるように押しながら温め、5回ほど繰り返す)

⑤布が冷めたら、くっついた布と用紙をゆっくりと剥がして完成!




仕上げに、クリップで留めたり、リボンや紐を通したり…もちろん、そのまま置くのもかわいいです◎



アイロンを使用する際は、布の下にアイロン台を敷き、扱い時のヤケドにはくれぐれも注意してくださいね。





今回は100円ショップのアイロンプリント用紙で作りました。



ロウの質感があり、アンティーク調の雰囲気がかわいいんです◎



世界に一つの「ファブリックカレンダー」にときめく





思い出が詰まった「ファブリックカレンダー」は、毎月めくるのが楽しみになりますね。



季節ごとの写真を印刷すれば、お部屋のインテリアに「季節感」も演出できちゃいます。



写真を“カタチ”に残せる「ファブリックカレンダー」。ぜひ、おうち時間に作ってみてはいかがでしょうか。



カテゴリ