村瀬歩、佐藤拓也の“新たな一面”を知る「色気のあるドキッとする声」

村瀬歩、佐藤拓也の“新たな一面”を知る「色気のあるドキッとする声」

 声優の村瀬歩、佐藤拓也が29日、オンラインで行われた映画『ダニエル』(2月5日公開)の特番トークイベントに参加した。



【写真】色気のあるドキッとする声の持ち主である佐藤拓也



 同映画は、他の人には見えない“空想上の親友(イマジナリー・フレンド)”によって、主人公が翻弄されていく姿を描いた異色スリラー作品。繊細で内気な青年・ルーク(村瀬)が、長年自分の中で封印していた、ダニエル(佐藤)を解き放つことで、予想もつかない恐ろしい事態へと発展していく。



 アフレコ収録を終えたばかりだという。村瀬は「(佐藤と)一緒に録れて、試行錯誤しながら演じました」と笑顔で語ると「今までは、大声を出してマンパワーを必要とする作品でご一緒する事が多かったのですが、今回は繊細な、お互いがゾクッとするような一面もあり、色気のあるドキッとする声だなと思ったりしました」とリスペクトの眼差しを向けた。



 佐藤も「細かいニュアンスもディレクターさんと相談しながらやれて、楽しかったです。普段の演じ方よりもウェットな質感を共同作業を進めていく中で大事にしていきましたね」と回顧。劇中でも印象的な“妖しい囁き”も披露すると、視聴していたファンも歓喜のコメントを寄せていた。



 この日のイベントには、精神科医・名越康文氏を招き、ルークとダニエルの関係性について徹底解説。さらに「脳内メーカー」を使用した脳内診断企画も実施された。



 その流れから「脳内を支配されているもの」に話題が及ぶと、村瀬は「最近は一人でお酒を飲みながらゲーム配信をして、画面越しにみんなと話すことが癒やしになってる」と“おうち時間”のエピソードを語り、佐藤は「僕は甘いものですかね。去年一年間、トレーニングをして体を絞っていた。最近はドーナツを好きなだけを食べると、若干の背徳感を覚えて二度美味しい」と笑いながら明かしていた。
カテゴリ