新田真剣佑、岩田剛典にドッキリ敢行「とにかく楽しかった!」

新田真剣佑、岩田剛典にドッキリ敢行「とにかく楽しかった!」

 人気グループ・EXILE/三代目 J SOUL BROTHERSの岩田剛典、俳優の新田真剣佑が30日、都内で行われた映画『名も無き世界のエンドロール』の公開記念舞台あいさつに出席した。



【動画】新田真剣佑、岩田剛典にドッキリ敢行「とにかく楽しかった!」



 原作は、2012年に『第25回小説すばる新人賞』を受賞した行成薫氏の小説。お互いに親がいないキダ(岩田)と、マコト(新田)は少年期に出会い、そこに同じ境遇の転校生・ヨッチ(山田杏奈)も交わり、支え合いながら平和に暮らしていた。しかし、20歳のときに起こった“ある事件”をきっかけに、彼らの人生は大きく狂い始める。キダは裏の社会、マコトは表の社会で、10年もの時をかけ、社会の底辺から必死にのし上がっていく。異なる世界に身を置く2人が、命がけで仕掛けるたくらみと、その結末に胸を打たれる衝撃のエンドロールが紡がれる。



 トークでは、劇中に岩田演じるキダが何度も“ドッキリ”することになぞらえて「皆さんはドッキリを仕掛ける側? 仕掛けられる側?」と話題に。新田は「岩田さんに某番組で些細なドッキリを仕掛けさせてもらった。とにかく楽しかったし、家でも笑っちゃった」と得意げに語ると、岩田は「僕は比較的に引っ掛かりやすいタイプ。(新田のドッキリは)すごい自然だったので…」と笑っていた。



 舞台あいさつにはそのほか、山田杏奈、中村アン、佐藤祐市監督が出席。同様の質問に山田は「どっちかというと引っ掛かることが多いかな」。中村は「私は引っ掛けたいという気持ちもあるし、引っ掛かるのも楽しい。両方ですかね!」と、それぞれ回答していた。

カテゴリ