乃木坂46、初の『SNS横断フェス』で100万人視聴達成

乃木坂46、初の『SNS横断フェス』で100万人視聴達成

 アイドルグループ・乃木坂46が30日、26thシングル「僕は僕を好きになる」(27日発売)のリリース記念イベント『SNS横断フェス』を開催した。



【写真】乃木坂46フロントメンバー3人が6メディアを横断するイベントを実施



 初の試みとなる同イベントは、コロナ禍でおうち時間が増える中、30日午後1時から午後8時まで7時間にわたって、SNSを“ジャック”するというもの。表題曲のフロントを務める山下美月、梅澤美波、久保史緒里の3人が、SHOWROOM、YouTube、インスタグラムなど、6つのメディアで生配信を実施した。



 事前に募集した『46個』のリクエストにメンバーが答えてファンとの交流を深めていき、メンバーは計6回の生配信で毎回衣装チェンジ。表題曲やカップリング曲「Wilderness world」の衣装、私服も披露した。



 TikTokでは曲のダンス動画を生で撮影して配信したり、中国語圏最大のSNS・weiboでは、「乃木坂中国語講座」と題してファンから募集した中国語に挑戦したりと、それぞれのSNSの特性を生かした企画も。乃木坂46初となるYouTubeでの生配信では、「Wilderness world」のミュージックビデオの裏側を撮影した貴重なオフショット動画が初公開されたほか、撮影時の各メンバーの裏話も披露された。



 その中で山下は、撮影中に全力で走った際にヒールが折れた話を披露。YouTubeでの配信中にはツイッターで「#僕フェス」がトレンド入りする盛り上がりをみせた。



 ラストのLINE LIVEでは、選抜発表日からこの日までを振り返り、今回のシングルで初めてのフロントに起用された3期生3人が互いにメッセージを交換し合うコーナーが用意された。梅澤が久保に「自信がついたね」と投げかけると、久保は感極まって涙した。



 『SNS横断フェス』はトータル視聴者のべ105万4768人と、目標としていた100万人を達成した。
カテゴリ