西野亮廣、吉本劇場にノーギャラ出演?「2人でやるのが楽しいから」 梶原雄太はキングコングの今後に「ワクワク」

西野亮廣、吉本劇場にノーギャラ出演?「2人でやるのが楽しいから」 梶原雄太はキングコングの今後に「ワクワク」

 お笑いコンビ・キングコングが1月31日、自身のYouTubeチャンネル『毎週キングコング』を更新。西野亮廣(40)が、30日付で吉本興業とのマネジメント契約を終了して以降、初めて2人そろった状態での動画更新で、梶原雄太(40)が「ちょっと、いい? 大きな声で、オレどうしたらいいー?」と西野に率直な思いをぶつけながら、コンビの今後についてトークを繰り広げていった。



【動画】相方である西野亮廣の退社と自身の今後を語ったカジサック



 梶原が「細かい話は会社とやっていかないといけないけど」と前置きした上で「今のままで、吉本さんに残ってってなると、ちょっとワクワクしてんねん。ちょっと新しい形やなと。片方が吉本にいて、片方がいないっていうのが成立したら新しくなるかもしれない」と期待。「オリエンタルラジオは2人ともやめたけど、それは尊重するし、それは各々の考え方があるんじゃないかなと。細かなところは話し合いだと思いますよ。キングコングで、ルミネ、なんばグランド花月とかに立てるのか」と疑問を口にした。



 西野は、もし劇場でのコンビとしての出演がかなうとすれば「寄席のギャラはいらん。2人でやっているのが楽しいっていうことやから。梶原雄太のとなりにいる人くらいで」と率直な思いを吐露。梶原が「その分はオレに入ってくる?」とボケると、西野は「なんでなん、それは後輩とかに回してください」と語っていた。



 梶原は、30日に自身のYouTubeチャンネルで「最初に言いたいのは、僕は何も聞いてなかったではございません。相方、吉本興業からも連絡をいただいていたし、一番大事なのは円満です。それは間違いないので」とコメント。「現状の気持ちは、カジサックチャンネルが生まれた理由で、一番と言ってもいいのは吉本興業の力を借りてくださったおかげなので、恩がすごくあります。今は僕の中で退所するという答えはありません」と率直な思いを吐露。「西野からも『梶はそのままでいてほしい』って言われたりしたんです」と明かした。



 西野は、翌31日にボイスメディア『Voicy』の「西野亮廣エンタメ研究所」を更新。「まず、お伝えしておきたいのは、僕と吉本興業との間で揉め事は一切ございません」と話した上で、自身の仕事が長期のスパンで行われることに対して、半年から1年ほどでマネージャーが交代する吉本のマネジメントの仕組みが合わなくなったと説明。外部のマネージャーを雇用するなどして、継続的なマネジメントが行われる体制作りにも努めてきた上で、退社にいたったようで「大前提として、吉本興業は、お笑い芸人をサポートする会社なので、それ以外の活動をしたら、別のサポート体制が必要になってくる。だから、衝突があったわけではなくて、むしろ逆で吉本興業にめちゃくちゃ理解してもらったっていう形です」と語っていた。
カテゴリ