狂言師・野村太一郎、吉本興業が活動サポート「新たな客層を獲得していければ」

狂言師・野村太一郎、吉本興業が活動サポート「新たな客層を獲得していければ」

 吉本興業が主催した公演『狂宴御芸~狂言お笑い共宴~』が1月30日、東京・銀座の二十五世観世左近記念観世能楽堂で行われた。



【公演写真】ミルクボーイ、ミキ、中川家らも出演



 同イベントは、狂言、落語、漫才という伝統芸能が一堂に会し、狂言師の野村太一郎、野村裕基、高野和憲、岡聡史、内藤連が「佐渡狐」「蝸牛」を上演し、桂文珍が落語「商社殺油地獄」を披露。中川家、ミルクボーイ、ミキが漫才でファンを沸かせた。



 同日の公演では、故・五世野村万之丞の息子で、現在は野村萬斎に師事する太一郎の活動を吉本興業がサポートすることが発表された。



 公演後の取材に対応した太一郎は「古典、伝統芸能としての笑いと、最先端の笑いの融合という意味でも、お互いに新たな客層を獲得していければいいなと個人的には思っております」とコメント。文珍も「異なるジャンルの方とお仕事ができる緊張感と期待がないまぜになっておりましたが、面白い色合いや化学反応が出たような思いです。より多くの人に狂言も知っていただけるようなお手伝いを吉本興業としてできれば」と、今後の展開に期待を寄せていた。
カテゴリ