文化放送、1年ぶりASMR“たき火特番” 3Dオーディオ技術を駆使して臨場感を再現

文化放送、1年ぶりASMR“たき火特番” 3Dオーディオ技術を駆使して臨場感を再現

 文化放送では、2月14日の深夜2時からASMR特番『たき火特番』を1年ぶりに放送。『たき火特番~1年ぶりです。リアルに飢えたアナタにおくります。去年以上にASMRを使い倒してよりリアルな音に迫ってみた件。たき火再び2021スペシャル~』と題して、1時間半にわたって“たき火特番”を行う。



【画像】前回は…笑い屋特集



 1年前とはうって変わり、リアルを実感することが少ない日々が続いているなか、ラジオではリアルを感じられるよう昨年以上にASMRを効かせ、たき火のすぐそばで暖まる、心もほころぶ空間へ誘う。今回はアウトドアプランナーであり、焚き火マイスターの猪野正哉氏が運営・管理している「たき火ヴィレッジ」の協力を得ての音作りとなる。



 これまでと同様に、“音のプロ”である文化放送の音声技術スタッフが、「3Dオーディオ」技術を駆使して演出・編集し、すぐかたわらで、たき火が行われている感覚が味わえる臨場感を再現。リスナーにこの良い音を実感してもらうため、ステレオ対応のFMラジオ(FM91.6)やスマートフォンアプリ「radiko」、特にヘッドホン・イヤホンで聴取することを推奨している。
カテゴリ