田中哲司&佐藤隆太、“二人一役”好演も「顔が違う」

田中哲司&佐藤隆太、“二人一役”好演も「顔が違う」

 俳優の田中哲司(54)、佐藤隆太(40)が1日、都内で行われた『SPECサーガ黎明篇「Knockin’on 冷泉’s SPEC Door」~絶対預言者 冷泉俊明が守りたかった幸福の欠片~』の制作発表会見に出席した。



【写真】華奢な腕あらわ…白のノースリワンピで登場した大政絢



 同作は、2010年10月期に放送されたTBS系連続ドラマ『SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~』の登場人物である冷泉俊明(田中)を主人公とした物語。『SPEC』放送から10周年となった2020年にプロジェクトが進行され、18日深夜0時より動画配信サービス・Paraviにて独占配信が開始される。



 独特の世界観と印象的なキャラクターが数多く生まれた『SPEC』でも、奇抜な衣装とセリフ、物語のカギとなる預言の数々で抜群の存在感を放っていたのが冷泉俊明。今回の物語は、冷泉と侍従・豊福真己が過去を回想。若かりし頃の冷泉は、本名である「鈴木俊明」の名で、健康食品の訪問販売営業マンとして働いており、この役を佐藤が演じる。



 田中は、冷泉俊明/鈴木俊明を“二人一役”を演じた佐藤について「素晴らしかったですよ。(青年期は)どうしても僕が演じられないので」と称賛の言葉を送りつつ「顔も違うのでいろいろ『あれ?』と思うかもしれないけど、それは本編でうまく描いてもらっています」とアピールした。



 一方で佐藤は「やっぱり哲さんが作り上げた冷泉のキャラクターの青年期を演じることに、プレッシャーがありました。それに若かりし頃と言っても僕はもう40歳ですから…」と自虐交じりに告白。それでも演者、スタッフのフォローを受けて「思う存分、現場の雰囲気を堪能させてもらいました」と充実感をにじませた。



 会見にはそのほか、鈴木紗理奈(43)、大政絢(29)、堤幸彦監督(65)が出席。堤監督は「時間の変化が作品のテーマ。(冷泉と鈴木の)“顔が違う”というのは作品の中に答えがあります」とファンに呼びかけていた。
カテゴリ