本命なのに…「彼を疑い過ぎて自滅」した女性のエピソード

本命なのに…「彼を疑い過ぎて自滅」した女性のエピソード

彼が浮気しているかも?と思ったとき、それを態度に出さずに付き合っていくのは難しいもの。


どうしても全ての行動が疑わしく見えてしまいますが、そこで疑いすぎると自滅することも。


自分が本命の立場なのに、彼の浮気を疑いすぎたあまりに嫌われてしまった女性のケースを紹介します。



会社の前で待ち伏せしたのがバレて


「彼が会社の後輩と浮気していたのが分かったんです。


それは許して付き合っていくことにはなったのですが、どうしても信用できなくて……。


『残業で遅くなる』と言われた日に会社の駐車場でこっそり待っていたらバレて、『そんなに信用できないなら別れよう』と言われてしまいました」(28歳/IT関係会社勤務)


さすがに「待ち伏せ」はやりすぎですが、彼と浮気相手が同じ会社だったら疑ってしまうのも仕方がない話です。


疑いに時間をかけるよりも、そもそも浮気したくせに彼女を不安にさせないような努力をしてくれない彼で良いのか?


そこから見直してみるほうが良いのではないでしょうか。


疑いすぎて「もう無理」


「彼が女性とLINEをしているのを見てしまって、会う度に『LINE見せて』と迫っていたら『もう無理。息苦しい。会ってても全然楽しくない』と言われてしまいました」(24歳/保育関係会社勤務)


LINEを見れば色々な情報が分かってしまうからこそ……彼のLINEを一度見てしまうと、その後もついつい見たくなってしまうのがやめられなくなってしまいます。


だれしも、不意打ちで「LINEを見せろ」と言われたら「支配されようとしている」と感じるもの。


より抵抗を感じるのでしょう。


友達に相談しすぎて「口の軽い女は嫌い」


友達に相談しすぎて「口の軽い女は嫌い」


「彼の態度が冷たくなった気がして、浮気しているのではないかと思って友達に相談しまくっていたんです。


そしたら、共通の友達から彼にチクリが入ったらしくて『口の軽い女は嫌いだ』と振られてしまいました」(25歳/音楽関係会社勤務)


恋愛の悩みって1人で抱えていると煮詰まってしまうので、誰かに聞いてもらった方が良いこともあります。


彼のことを知っている人に相談するのは確かに間違っていないのですが、本人に伝わってしまう可能性も……。


相談するならカウンセラーにお願いするなど、全く彼と関係なく守秘義務のある人に頼むのも手ですね。


問題は浮気相手より自分


彼が浮気相手の夢中になって「別れよう」と言い出してくるほど本気になってしまったらまた別ですが、「浮気相手は浮気相手」と割り切っていて、あくまでも本命彼女とは別れる気がない男性は多いです。


黙ってスルーしていれば帰ってくるのにぶち壊してしまった、となるかどうかは自分次第。


浮気相手に意識を向けるよりも、自分が彼とどうしていきたいのか?をまずはしっかり考えてみましょう。


もし、彼と今後も付き合っていきたいのであれば疑わずに付き合っていける方法を考えるのが正解ですよ。


(ライター/上岡史奈)


(愛カツ編集部)



カテゴリ