冨永愛「ファッションは魔法」 パールジュエリーを大胆に纏う

冨永愛「ファッションは魔法」 パールジュエリーを大胆に纏う

 モデルで女優の冨永愛(38)が、きょう2日から公開するMIKIMOTOの『My Pearls, My Style』に出演する。「ファッションは魔法」を信条とする冨永がミキモトやパールへのパッションなどについて語る。



【写真】爽やかな笑顔から大胆背中見せも…写真家・下村一喜が撮り下ろした冨永愛



 同サイトは「パールは、纏う者の内面と個性を鮮やかに映し出す、唯一無二のジュエリーである」ということをテーマに、ミキモトのジュエリーを愛用する著名人や、親しみのある著名人のスペシャルインタビューと撮り下ろしビジュアルを、随時公開。今回は、世界を舞台に戦い、そして今もなお挑戦を止めることのないトップモデル・冨永愛を起用した。



 写真家には、冨永もかねてから信頼を寄せている下村一喜氏を起用。冨永の個性や魅力、パールを纏ったときに醸し出される誇りや強さを表現した、下村氏ならではの撮りおろし作品。



 撮影では、さざまなスタイリングでパールを身に纏い、洗練された姿を魅せる冨永が、背中が開いたドレスに大胆に纏ったり、ジャケットスタイルを合わせたり、カジュアルなデニムとタンクトップに取り入れたり。“パールをもっとカジュアルに、そしてデイリーにつけこなして”をテーマに、パールの可能性を表した。



■スペシャルインタビュー

「Pearls of Passion 私を輝かせてくれる、特別なパール。」



世界を舞台に戦い、そして今もなお挑戦を止めることのないトップモデル、冨永愛。ミキモトは、そんな彼女の挑戦を後押しする特別な存在でもあったという。「ファッションは魔法」を信条とする彼女が語る、パールへのパッションとは?



――パールが持つ魅力は、どんなものだと思いますか?

今回の撮影でもあらためて感じたことですが、パールはどんなファッションにも、どんな個性にも寄り添ってくれるジュエリー。ドレスはもちろん、シャツにもデニムにも合うし、着物にだって合う。纏うだけで特別な気持ちになれるのは、ほかのジュエリーにはない魅力ですね。



――パールを自分らしくスタイリングするなら、どんなスタイルになるでしょう?

私に大きなインスピレーションを与えてくれたのは、スタイリストの仙波レナさんのパールのつけこなし方でした。ロングネックレスを首にぐるぐると巻いて、ゴールドやターコイズなど、全く違うジュエリーとの重ねづけを楽しんでいらっしゃって。それまでパールに対しては、どこかフォーマルなイメージを持っていたのですが……カジュアルに見せることもできるのだなと、まさに目から鱗が落ちる思いでした。私もさっそく真似をして、チャームがついたペンダントとパールのロングネックレスを無造作に合わせてみたりしました。



パールのネックレスって、日本人ならどの家にも必ず1本はあるような、そんな定番のアイテムでしょう?だからこそ、「とっておき」のときだけにつけるのではなく、もっと普段から日常的に楽しみたい。ネックレスは手首に巻けば、ブレスレットにもなりますしね。そんなふうに、もっとカジュアルに、そしてデイリーにつけこなしていけたらいいなと思います。



――冨永さんにとってのファースト・パールとは?

幼い頃、祖母のパールのネックレスをつけてみたことがあるんです。今でもそのときのときめきを覚えていますね。パールを纏うことで、すごく大人になれたような気持ちになって……。子どもだってパールが似合うんだ、と感じました。ちなみにそのパールは、先日祖母が亡くなったことで母が譲り受けることになり、パールは家族の記憶とともに、そうして代々受け継がれていく宝物でもあるのだなとあらためて思いましたね。



自分自身で選んだ最初のパールはピアスでした。ユニークなバロックパールを見つけて、それをピアスに加工してもらったんです。私は、ちょっと個性的なデザインが好き。ミキモトとコム デ ギャルソンとのコラボレーションで生まれたネックレスもひと目で気に入って、お店にすぐに試着しに行きました。



――ミキモトは、冨永さんにとってどんなブランドですか?

パリで暮らしていた頃、あのヴァンドーム広場にミキモトのブティックがあることがとても誇らしかったんです。日本人のモデルとしてパリで「戦って」いた私は、その凛としたミキモトのブティックの佇まいには何度も勇気づけられました。日本を代表するブランドのお店が、世界の一流ジュエラーだけが集まるヴァンドーム広場にあるということ……ヴァンドームを歩くたび、私も頑張ろうと思ったものです。当時はまだ若かったからブティックの中に入ることは恐れ多くてできなかったけれど、2019年、ついにそのブティックに足を踏み入れることができて……とても感慨深かったですね。



パリに住んでいるときは、パールを何連も重ねてつけているマダムをよく見かけました。パリの人にとってミキモトのパールは憧れのジュエリーでありながら、日常のおしゃれのアイテムでもある。そんな柔軟な感覚で、私もパールのスタイリングを自分のスタイルとして取り入れていきたいと思っています。
カテゴリ