明石家さんま『FIFAクラブワールドカップ カタール2020』日テレ番組SPサポーター就任

明石家さんま『FIFAクラブワールドカップ カタール2020』日テレ番組SPサポーター就任

 タレントの明石家さんまが、コロナ禍により大会延期となっていたサッカークラブ世界一決定戦『FIFAクラブワールドカップ カタール2020』の日本テレビ系番組スペシャルサポーターに就任した。4日に開幕、11日に決勝戦を迎える今大会を「スポ―ツは生で見なきゃ面白くない」と語るさんまが盛り上げる。



【写真】明石家さんま 若かりし頃のさわかやショット



 日本テレビ系では6日午後10時50分からの準々決勝ハイライトから準決勝、決勝を中継。また7日午後4時から『サッカークラブ世界一へ さんまの準決勝直前SP』、閉会後の13日午後4時からは『さんまのサッカークラブ世界一決定!総集編』と題した特別番組も届ける。



 今大会の注目ポイントについて「何と言っても注目は、ヨーロッパ王者・ドイツのバイエルンです。優勝の大本命だと思います」と挙げ、「昨年のヨーロッパチャンピオンズリーグ準々決勝であのバルセロナから8点を奪った印象が凄く強いので何点取るか楽しみですね」と期待を寄せる。



 また、今大会は深夜帯の放送となるが「僕のゴールデンタイムなんです!」と張り切る。「もともとスペインサッカーの開始時間(朝5時頃)に合わせた生活をしようと思っていて、万全の状態で、生放送で試合を見るために日々スケジューリングをしています」と胸を張り「ただ、生で見ていてハプニングや、凄いプレーに出会えるのは10年で1回ぐらいです…。みなさんもぜひその瞬間に出会えるように生で見てください!」と呼びかけている。



■明石家さんまコメント

――今大会の注目について

今大会もFIFAクラブワールドカップ カタール 2020を応援させていただくことになりました。何と言っても注目は、ヨーロッパ王者・ドイツのバイエルンです。優勝の大本命だと思います。昨年のヨーロッパチャンピオンズリーグ準々決勝であのバルセロナから8点を奪った印象が凄く強いので何点取るか楽しみですね。



バイエルンは、FWのレバンドフスキ(32)やミュラー(31)などベテラン勢が多いにも関わらずなぜあのキャリアであそこまで走れるのか、どんなトレーニングを積んでいるのかもっと知りたいですね。個人的な注目選手はGKのノイアー(34)。状況判断、ポジショニングどれをとっても素晴らしい。もって生まれた能力なのか、トレーニングで養ったものなのか? ドイツが素晴らしいGKを数多く誕生させてきた伝統によるものなのかもしれません。その中で1番のGKとも言える選手です。



――深夜での放送について

(今大会のような日本時間の深夜の放送は)僕のゴールデンタイムなんです!

もともとスペインサッカーの開始時間(朝5時頃)に合わせた生活をしようと思っていて、万全の状態で、生放送で試合を見るために日々スケジューリングをしています。「スポ―ツは生で見なきゃ面白くない」というのが僕の持論です。

ただ、生で見ていてハプニングや、凄いプレーに出会えるのは10年で1回ぐらいです…。みなさんもぜひその瞬間に出会えるように生で見てください!



<各大陸王者>  

【ヨーロッパ王者】 バイエルン(ドイツ 7大会ぶり2度目)

【南米王者】 パルメイラス(ブラジル・初出場)

【北中米カリブ王者】 ディグレス (メキシコ・初出場)

【アフリカ王者】 アルアハリ (エジプト・7大会ぶり6度目)

【アジア王者】 蔚山(韓国・8大会ぶり2度目)

【開催国王者】 アルドゥハイル (カタール・初出場)

【オセアニア王者】 オークランドシティ(ニュージーランド) ※新型コロナ感染拡大で出場辞退
カテゴリ