これが見えたら黄色信号…!男性が「別れを考えているとき」の行動

これが見えたら黄色信号…!男性が「別れを考えているとき」の行動

大切な彼との別れはなんとしても回避したいもの。


事前に彼の気持ちが分かれば、別れを阻止するために彼の気を引くことができますし、心の準備をすることもできるでしょう。


今回は、男性が別れる前に取りがちな行動についてご紹介します。



「好きな人がいるんじゃない?」と聞く


「別れ話をするのって勇気がいるじゃないですか。だから、『好きな人いるんじゃない?』って感じで別れ話をする糸口を探したり、相手に別れる原因を探したりしちゃいますね」(Rさん・27歳男性)


付き合っている彼女からすると、かなり失礼な質問かもしれませんね。


しかし、それを分かってあえて質問してくるというなら別れを考えている可能性があります。


「あなたが好き」といってもうれしそうな表情をしない場合、危険かもしれません。


連絡頻度が徐々に減る


「別れようかなと思ってもすぐに別れ話はできないですよね。だから、段々と連絡頻度を減らします。それで察してくれるかなっていうのもあります」(Rさん・28歳男性)


このほかにも連絡を取ることが楽しくなくなるといった意見もありました。


別れを考えている男性は、連絡頻度が減る傾向があるようです。


LINEをしていても返事がひと言だけになってきたといった場合、要注意。


電話や直接会って話をして、楽しかったころの思い出話をするといいかもしれません。


飲み会の回数が増える


「飲み会とか合コンとかに行って次の彼女を探しはじめますね。見つかってから別れようかな的な」(Aさん・26歳男性)


飲み会シーズンでもないのに、急に飲み会に参加する頻度が増えたといった場合はあやしいです。


連絡をしても返事がこないだけでなく、堂々と「飲み会に行っていた」と言ってくる場合、愛が冷めてしまった証拠といえるでしょう。


気になる場合は真剣な話合いをしてみる方がいいかもしれません。


プレゼントの値段が下がった


「別れようと思っている相手に高額のプレゼントはしません。だから誕生日プレゼントが明らかに適当になります。そこで察してもらいたいですね」(Mさん・29歳男性)


以前よりあからさまにプレゼントにお金をかけなくなった場合、別れの危機かもしれません。


でも、もし話し合いをするならプレゼントがランクダウンしたことには触れないほうがいいでしょう。


そこから別れ話に発展してしまうことがあります。


プレゼントにはすなおにお礼をして、「思い出の場所に行ってみようよ」といっていままでの関係を振り返ってみるといいかもしれません。


別れを決意したら大胆な行動が増えがち


愛が冷めてしまった場合、別れても構わないといった大胆な行動が増えるようです。


悲しむ姿を見せると「重い」と受け取られてしまうこともあるので、注意が必要です。


気持ちが離れている彼を思いとどまらせるのはむずしいですが、楽しかった思い出を振り返るなど、別れから話題を遠ざけてみるのもおすすめです。


(草薙つむぐ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ