新作アニメ『東京ミュウミュウ』主人公役は天麻ゆうき 一般公募3000人の中から選ばれ涙

新作アニメ『東京ミュウミュウ』主人公役は天麻ゆうき 一般公募3000人の中から選ばれ涙

 漫画『東京ミュウミュウ』を原作とした完全新作アニメ『東京ミュウミュウ にゅ~◆』(◆=ハート)の主人公・桃宮いちご役を決める一般公募オーディション結果が2日、発表された。応募総数3000人以上の中から、東京都出身の天麻(てんま)ゆうき(23)に決定した。



【写真】ほかのキャストは?『ミュミュウ』たちを演じるフレッシュな美女集結



 天麻は1997年生まれの新人で、劇団に約4年間所属。結果を伝えられた瞬間、涙をにじませながらも「私がいちごの意志を継いでさらに東京ミュウミュウ旋風を巻き起こしていけるように頑張ります!」と力強く決意。3日発売の『なかよし』3月号では、天麻のコメントも掲載される。



 また、ほかのメインキャストも発表され、藍沢みんと役を近年2.5次元舞台での活躍が目立つ日向未来(ひなたみらい)、碧川れたす役を新人声優の十二稜子(じゅうにりょうこ)、黄(フォン)歩鈴役を最年少15歳ながらモデルやアイドルとして活動している戸田梨杏(とだりあん)、藤原ざくろ役を子役として数々のドラマやCMに出演経験を持つ石井萌々果(いしいももか)が担当する。



 ネコの日である2月22日にはアニメ新情報&キャストユニットお披露目オンラインイベントが開催され、イベント内では、いちご・みんと・れたす・歩鈴・ざくろ役5人のオーディション課題曲の初パフォーマンスも予定。本編はYouTube LIVEで無料で視聴が可能で、さらに「アフターパーティー」と題し、5人と視聴者もコメントで参加できる打ち上げイベントを実施予定する(※チケット代は500円)。



 『東京ミュウミュウ』は少女漫画誌『なかよし』で2000年~03年まで連載され、中学生の桃宮いちごがミュウイチゴに変身し、仲間とともに“東京ミュウミュウ”として地球を守る物語。その後、続編である『東京ミュウミュウ あ・ら・もーど』、昨年11月より『なかよし』創刊65周年を記念して男女逆転した新シリーズ『東京ミュウミュウ オーレ!』を連載している。テレビアニメが02年~03年に放送されているが、今回のアニメ化は、『なかよし』創刊65周年の一環として制作される運びとなった。



■『東京ミュウミュウ にゅ~◆』あらすじ

ごく普通の女の子・桃宮いちごはある日、密かに憧れていた学園のアイドル・青山雅也とデートをできることに。待ちに待ったデートの日、突然まぶしい光に包まれ、猫が体の中にはいってくる夢を見て以来、猫の耳やしっぽが出てきたり、行動もなぜか猫っぽくなったりして…!? なんとそれは「エイリアン」が寄生した生物「キメラアニマ」から地球を救うためにイリオモテヤマネコのパワーを使える「ミュウイチゴ」に選ばれたため! ほかの4人の仲間を探し出し、地球の環境を汚染しようとするエイリアンを止め、青山くんを、みんなを守らなきゃ!合言葉は…「地球の未来にご奉仕するにゃん◆」
カテゴリ