ハロオタ役・松坂桃李&仲野太賀、生“藤本美貴”に大興奮「汗が止まらない」

ハロオタ役・松坂桃李&仲野太賀、生“藤本美貴”に大興奮「汗が止まらない」

 俳優の松坂桃李(32)と仲野太賀(27)が3日、都内で行われた映画『あの頃。』(19日公開)の公開直前イベントに登壇した。「ハロー!プロジェクト」のアイドルにのめり込む“ハロプロオタク”劔(松坂)とコズミン(仲野)を演じた2人の前に、サプライズでモーニング娘。のOGであるタレントの藤本美貴がサプライズ登場。“生ミキティ”の登場に、ロッチのコカドケンタロウ(42)、原作者である劔樹人氏も含め、大興奮となった。



【動画】松坂桃李&仲野太賀、藤本美貴サプライズ登場で大パニック!



 今作は、神聖かまってちゃんの元マネージャー・劔氏によるハロプロの熱い愛と、大切な仲間たちとの出会いと別れを描いた自伝的青春コミックエッセイ『あの頃。男子かしまし物語』を実写化。アイドルにのめり込んでいく主人公・劔が、金なし、彼女なしのどん底生活を送りながら、松浦亜弥のミュージックビデオ(MV)を見たことをきっかけにアイドルにドハマり。やがて仲間たちと共に遅れてきた青春の日々を謳歌(おうか)していく。



 この日のイベント終盤、「ロマンティック浮かれモード」をBGMに藤本が現れると、特に劇中で“藤本推し”コズミン役の仲野は松坂と向き合いガッツポーズして「本物だ!」と大喜び。「うれしいですね! 僕が演じるコズミンという役は藤本さん推しで、いかに素晴らしいか…熱弁させていただきました」と感無量の様子。その後も「汗が止まらない」と興奮は収まらず、藤本から「すごい勉強していただいたんですよね?」と聞かれると、「たくさんMVも観させてもらったので」と喜びを爆発させた。



 歓迎ぶりを受けた藤本もすでに映画を鑑賞済みだそうで「私たちはステージ側に立っているので、ファンの方たちが普段どんなことをしているか知らなかった。アツいのは分かっていても、あんなにアツく、人生を賭けて応援してくださっていたことに感動しました。コンサートは今は声は出さないで、とかになっているけど、早くコロナが収まったら盛り上がるライブをやっていろんな人に来てほしいな」とうれしげに感想を語った。



 そんな中、原作者で生粋の“ハロオタ”である劔氏は、隣に並んだ藤本と一歩距離を置いていたことをコカドらからツッコまれると「台本になかったじゃないですか…」と動揺を隠せず。「全然ちゃんと(藤本を)見いひんやん!」とコカドから指摘されれば、松坂も「明らかに違いますよね」とニヤニヤ。劇中でも使用した当時の衣装を着用しながら藤本と対面する劔氏に松坂は「なんか、映画の中での劔さんを見ているみたい」とほほえましげに見守っていた。

カテゴリ