オリジナルTwitterドラマ『はつ恋とビー玉』SPメイキング映像&オフショット到着

オリジナルTwitterドラマ『はつ恋とビー玉』SPメイキング映像&オフショット到着

 東京都品川区のウォーターフロント・天王洲で生まれ育った幼なじみの2人の恋物語を描いた、東京23区初の“オリジナルTwitterドラマ”『はつ恋とビー玉 ~10の約束~』が、きょう5日午後6時より公式Twitter(@hatsukoi_bdama)で配信開始された(以後毎週、月曜・水曜・金曜 後6:00※全12話)。本作のメイキング映像とオフショット写真が解禁となった。



【動画】『はつ恋とビー玉』SPメイキング映像



 子どもの頃からずっと好きだった武流(たける)に想いを伝えられないまま大学4年生になった優希(ゆき)は、ある事情から品川区を離れなければならなくなる。その前に、武流とデートをして初恋の思い出を残したい。その一心で、優希は武流と「10回デートをする」という約束を取り付ける。「…今好きな人いるの?」その一言から、2人の時間が動き出す、初々しい恋物語。



 主人公・優希役を演じるのは、元Popteenモデルで現LARMEレギュラーモデルを務める越智ゆらの。女優として、2020年1月公開の映画『おかざき恋愛四鏡』に主演するなど活躍の幅を広げている。



 武流を演じるのは、舞台『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』(16年)、『KING OF PRISM -Over the unshine!-』(20年)など、2.5次元舞台に多数出演する小南光司。舞台のみならず、映画『いつまでも忘れないよ』(19年)やドラマ『チョコレート戦争」(tvk/20年)など、映像作品でもマルチな才能を発揮している。



 メガホンを取るのは、映画『通学シリーズ 通学電車』(15年)、『通学シリーズ 通学途中』(15年)の川野浩司監督。



 解禁となったメイキング映像には、ライトアップされた天王洲ふれあい橋を背景に、小南光司が越智ゆらのをおんぶして掛け合いをするシーンや一面に広がるイルミネーションの中、シリアスな演技を魅せる様子が切り取られている。

カテゴリ