大谷亮平『朝顔』は遺体を生前の姿に戻すエンバーマー役だった「気持ちに何をもたらすのか」

大谷亮平『朝顔』は遺体を生前の姿に戻すエンバーマー役だった「気持ちに何をもたらすのか」

 俳優の大谷亮平が、きょう8日放送の上野樹里が主演するフジテレビ系“月9”ドラマ『監察医 朝顔』の第13話で役柄が明らかとなる。遺体を生前の姿に戻すエンバーマーの若林昭信役を務める。



【写真】SixTONES・森本慎太郎が撮影!上野樹里ら“万木家”での強行犯係集合ショット



 今作は上野を主演に、同枠初めての2クール連続放送で、法医学者と刑事という異色の父娘を描く。第12話で、朝顔(上野)たちのもとに、薬物中毒で亡くなった20歳の松野紗英(依田ゆい)の遺体が運ばれてきた。薬物を常習していた紗英の顔はクマがひどく、簡単に毛が抜け落ちてしまい、その毛も薬物の影響で白髪になってしまっており、紗英は白髪を隠すために黒く髪を染めていたようだ。



 薬物の悲惨さをこれでもかと物語る遺体の状態に、ショックを受ける朝顔たち。紗英は2年前に家出をしており、久しぶりの対面となった母親の松野翠(黒沢あすか)はあまりの娘の変わりように、もはや涙すら流れず茫然(ぼうぜん)自失。紗英もこんな形で母親に会いたくなかったであろうと、胸を痛める朝顔は、薬物を使用する前の姿に紗英を戻せないか、と法医学教室で相談をする。すると、大学を辞めた夏目茶子(山口智子)と、若林昭信(大谷)が法医学教室にあらわれた。



 第4話から登場し、謎の男として、人目を忍んで茶子と会っていた若林。その正体は、特殊な処置で遺体を生前の姿に戻す“エンバーミング”のプロフェッショナルである“エンバーマー”であった。エンバーマーとして最高の技術を有し、アメリカで活躍をしていた若林だったが、まだまだエンバーマーという存在が一般的ではない日本で、エンバーミングを普及させ、それ通して総合的に遺族の“グリーフ=悲しみ”に寄り添いたいという思いから「グリーフケアアンドサポート」という会社を設立。茶子と会っていたのはヘッドハンティングするためだった。



 若林の姿勢に共感し、大学を辞めて「グリーフケアアンドサポート」でアシスタントエンバーマーとして勉強中の茶子。そういった茶子の活動を偶然、安岡光子(志田未来)だけが知り、朝顔の「紗英を、薬物を使用する前の姿に戻せないか」という相談を聞いて連絡をしたのだった。茶子と若林の登場に、紗英を生前の姿に戻してあげられるのでは、といろめき立つ朝顔たち。朝顔と茶子はエンバーミングの話をするため、翠ら紗英の両親のもとを訪れる。



 大谷は、逆輸入俳優とも呼ばれ、TBS系『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年)などの話題作に出演。本作が、日本でのドラマデビューとなった『ラヴソング』(2016年)以来、4年ぶりの月9ドラマ出演となる。



 子どもを亡くした親の胸が張り裂けそうな思い。その思いを受け取っておこなわれる落涙のエンバーミング。さらに検査技師の高橋涼介(中尾明慶)が思いを寄せる、パン屋のアルバイトの北村愛菜(矢作穂香)が、紗英の薬物中毒に関連している疑惑が上がる。果たして高橋は。



■大谷亮平コメント

――『監察医 朝顔』の出演に関して、改めて感想をお願いします。

【大谷】作品同様とても温かみのある現場でした。初めて演じる役でしたが学ぶ事も多く貴重な経験をさせていただいたなと、参加できた事に喜びを感じています。



――これまで謎に包まれてきた若林ですが、エンバーマーであることが明らかになりました。ご自身初の役どころとなりますが、演じていかがでしょうか?

【大谷】エンバーマーの役を通して演じているうちに、最後の別れを迎えるにあたり遺族の気持ちをくみ取り、少しでも生前の姿に戻してあげたい、それにより微力ながらも遺族の気持ちに寄り添う事ができればなと、そんな雰囲気に包まれながら撮影が進んで行ったように思います。



――視聴者の皆さんへ見どころなど、メッセージをお願いします。

【大谷】エンバーミングそのもののことや、その選択をすることにより別れを迎える遺族の気持ちに何をもたらすのか、ドラマを通して多くの方に知ってもらう機会になればうれしいです。
カテゴリ