好きでも付き合わないで…「女性をないがしろにする」男性診断

好きでも付き合わないで…「女性をないがしろにする」男性診断

かっこいい男性はやっぱり魅力的。


できれば、お近づきになりたいですよね。


でも、付き合うとなると話は別。


どんなにかっこよくても、女性を見下すような男性だと、付き合ったその後が大変です。


あなたが気になる彼はどんなタイプか、1度チェックしてみませんか?



「女性は〇〇」と決めつけがち


「女性は結婚して子どもを産むもの」「男に黙ってついていくもの」などと、「女はこうであるべきだ」と固定概念が強く決めつけがちな男性は、女性を見下す傾向にあります。


女性より男性が上だと思っているので、彼女に対しても優位な立場を求める可能性大。


彼の考える「女性とはこういうもの」という価値観に無理に当てはめられる可能性もあるので、気をつけておいたほうがいいかもしれません。


学歴や就職先にこだわる


学歴や就職先、家柄などいわゆる肩書、スペックにこだわるのも女性をないがしろにする傾向が強いタイプ。


人をラベル分けして判断しがちなところがあり、常に自分より上か下かを考えているプライドが高い男性と言えます。


こうした男性は、彼女に対してもわかりやすいスペックを求める傾向。


自分のプライドを満たす、所有物として考える傾向が強いです。


恋人を自分の評価、ステータスを高めるためのひとつとして考えているふしがあるので、ほんとうの意味で大切にしてもらえるかはあやしいところ……。


隣にいる彼!


人柄や内面よりも、周囲に自慢できるスペックや肩書にこだわる傾向にありませんか?


父親が絶対な家庭


父親が絶対的な立場の家に育った男性は、どうしても父親=男が偉いという思考になりやすい傾向があります。


父親についていく母親を見て育っているので、女性は自分に黙ってついてきてくれるものだと思っているなんてことも……。


付き合っても意見を聞いてもらえない、強引に意見を押し付けられるなんてこともあるかもしれません。


コンプレックスが強い男性


コンプレックスが強く、自己肯定感が低い男性も、実は女性を見下しがちな可能性があります。


自己肯定感が低いからこそ、心のどこかで自分が優位になれる場所を探している男性は少なくありません。


こういった背景から、彼女に対してその本音が働き、コンプレックスの裏返しから彼女の前だけではえらそうに振る舞うことも……。


彼女に意見されたり指摘されたりするのが許せず、ささいなことで怒りだす彼氏になるかもしれません。


対等なお付き合いができるように


どんなにすてきで周りに自慢できるような彼氏でも、優劣にある関係は、心が疲れてしまいますし、いずれ愛情を感じられなくなってしまうもの。


心地よい関係は、対等な関係が築けてこそ!


対等な目線で、大切にしてくれる人かどうか見極めれば、きっと、よりよい恋愛ができるはずです!


(白藤 やよ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ