“サスティナブルファッション”がテーマの都市型オフプライスストアがOPEN

“サスティナブルファッション”がテーマの都市型オフプライスストアがOPEN


小売&輸出入商社の「エスピービー」と、アパレル在庫の卸売・仕入れサイト「SMASELL(スマセル)」が協業し、サスティナブルファッションをコンセプトとした都市型オフプライスストア「Re:nne」を、2月10日(水)13時に京都・寺町でグランドオープンする。

最大90%OFFで1,000種類以上を展開


アパレル業界の廃棄課題解決を目指している「SMASELL」は、見切り在庫やB品を必要とする人に届けたいアパレルメーカーや通販会社などが出品し、必要とする小売店やフリマアプリユーザーといった個人バイヤーへ届けるオンラインマッチングプラットフォーム。


今回「エスピービー」とともに手掛ける「Re:nne」のコンセプトは「輪廻」を意味し、Reduce(廃棄物の発生抑制)、Reuse(再使用)、Reduction(削減・還元)、Regeneration(再生)、Repeat(繰り返す)など、循環の意味が込められている。

余剰在庫に想いを込めて安価で提供


「Re:nne」では、最大90%OFFで、新品中古問わずラグジュアリーブランドからファストファッションまで常時1,000種類以上を展開する予定。店頭に並ぶほとんどの商品を、デッドストックとなってしまった余剰在庫で取り揃えており、誰かに見つけてもらうことができなかった服を、同店にてもう一度想いを込め、求めやすい価格で提案する。

また、来店者と一緒に環境問題へ取り組む意義を感じられるよう、衣服を循環することで削減されるCO2量を店内に掲示したり、他社企業に協力してもらったショッパーを活用するなどの取り組みも行う。

このほかにも、サスティナブルファッションを発信できる店頭企画を順次開催し、アパレル業界で課題となっている廃棄課題に対して業界全体で共に取り組み、サスティナブルな運営を目指していくという。

店舗詳細


営業時間は、2月11日(木)以降12:00~20:00で、年中無休だが、新型コロナウイルスの状況により変更となる可能性がある。

■「Re:nne」
住所:京都市中京区寺町通六角下る式部町254
カテゴリ