神木隆之介“漫画家になるってよ” ほのぼの系四コマで執筆初挑戦「本当に大変です…!」

神木隆之介“漫画家になるってよ” ほのぼの系四コマで執筆初挑戦「本当に大変です…!」

 俳優の神木隆之介が、電子書籍レンタルサイト「Renta!」の自社オリジナルレーベル「Renta コミックス」の作家としてオリジナル漫画の執筆に初挑戦することが10日、発表された。ほのぼの系四コマ漫画の制作を予定しており、「Renta コミックス」として4月に掲載される。



【動画】神木隆之介が漫画家に!「神木、漫画家になるってよ」動画前編



 「Renta コミックス」では、漫画家としての活躍を志す人たちに向け、少しでも後押しとなる場を作りたいという思いから、商業執筆経験者向けの「Renta コミックス パートナー漫画家募集制度」と、未経験者も対象となる「Renta コミックス漫画家募集制度」という2つの制度を採用。可能性と連載の場を提供すべく常時漫画家を募集している。



 今回のプロジェクトは、大の漫画好きで知られ「Renta!」のCMにも出演している縁もあって神木にオファー。「未経験の 自分がチャレンジすることで少しでも漫画家を夢見る方々の後押しになれば」と、プロジェクトし、「Renta コミックス漫画家募集制度」を活用し漫画執筆に取り組んでいくことになった。



 初の漫画執筆にあたり、原案だけなど誰かの力を借りるのではなく「自分の力で描いてみたい」という神木。「今回の企画で僕の描いているところを見てもらって、そんなに上手くない僕みたいな 人でも応募できるんだ!と思ってもらえれば最高です」と メッセージを寄せており、10日正午には神木の公式YouTube「リュウチューブ」でも執筆に挑む密着風景の動画がアップされている。



 また漫画掲載に先駆け、神木考案のキャラクター設定画もお披露目。以前から「リュウチューブ」などにも登場している「Rくん」、実家で飼っていた甲斐犬がモチーフで小学生の頃から描いていたという犬の「なーすけ」、プライベートで考え方や性格に影響を与えてくれるという自身の親友からインスパイアされた「そーさん」の3体。今回、神木を指導する大柿ロクロウ氏(『アクダマドライブ』連載中)が「めちゃくちゃ神木ワールド! 誰も思いつかない」と称した個性豊かな3キャラクターを主人公として、神木が命を吹き込む。



【神木隆之介のコメント】



■実際にチャレンジしてみて

難しかったです。最初は「キャラクターはこんな感じかな~」とジャンル・性格・役割・セリフ…といわゆるプロットみたいなものを考えました。本当に大変です…! でもその経験と時間は自分だけが感じられるものだと思いますし、達成感や上手くできた瞬間の嬉しさとか、そういうことも含めてぜひ経験して(Renta!の漫画家募集制度に)応募してほしいなと思います。



■登場するキャラクターについて

Rくんは軽ーい気持ちで作ったキャラクターで、「本音」と「建て前」の「建て前」の部分を象徴していて、彼にいろいろ背負わせてみようと思っています(笑)。一方で“なーすけ”というキャラクターは自分の気持ちに素直で、本当にしたいことを純粋に悪意なく行動に移せるキャラクター。Rくんとのギャップをつけました。



最後に(自身の親友からインスパイアされた)“そーさん”という大オチキャラが登場します。実は本人には言ってなくて勝手にいつもの呼び名“そーさん”という名前を使ってしまって申し訳ないので、メディアを通して謝罪したいです。(笑)僕の人生にとって必要不可欠な方で、僕の考え方や性格に影響を与えてくれている方。マンガ的に脚色はしていますが、彼のポジティブな価値観を皆さんにお届けしたいなとインスパイアされたキャラクターを作りました。



■Renta! の漫画家募集制度に挑戦してみたいという方や、漫画家を夢見る方に向けてのメッセージ

僕は、落書き程度のものしか描いたことがなかったので、はじめはやっぱり少し不安でしたね。「キャラの描き方」みたいな本は持っていたのですが、その本自体のレベルも高くて途中で読むのをやめてしまって…。映画『バクマン。』に出演した際に練習はしたのですが作画担当の役ではなかったですし、やり方も何も分からないまま突っ込んでいくことになるなと。



でもお話を聞くと、商業出版経歴のある方のサポートがあることと、僕みたいに「やり方は分からないけど絵を描くのは好きだから挑戦してみようかな」という方が、絵、マンガ、アニメなどの世界に触れられるきっかけになれるなら嬉しいなと思いました。今回の企画で僕の描いているところを見てもらって、そんなに上手くない僕みたいな人でも応募できるんだ!と思ってもらえれば最高です。



初心者なので拙いところがたくさんあるかもしれませんが、新しい経験をさせていただくきっかけでもあるので、僕が勇気をもって踏み込んでつくった作品を皆さんに見ていただけたら嬉しいですし、自分が一所懸命頑張ったものが残るというのは本当に素敵なことだなと思っているので、皆さんにも体験していただきたいです。

カテゴリ