「どすこいすしずもう in 仙台うみの杜水族館」が2月28日まで開催中

「どすこいすしずもう in 仙台うみの杜水族館」が2月28日まで開催中


海と人、水と人との、新しいつながりを「うみだす」水族館『仙台うみの杜水族館』で、2月1日(月)~28日(日)の期間中、「どすこいすしずもう in 仙台うみの杜水族館」が開催中だ。

「アニメ」×「水族館」


同イベントは、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、閉館や展示会の中止により多くの博物館で厳しい状況が続いているなか、収益改善や新たな事業モデルを構築するための施策として実施されている文化庁の博物館異分野連携モデル構築事業の一環として行われるもの。

宮城県では、今回の事業のターゲットとしているファミリーでの来館者が多く、タイアップのアニメ「どすこいすしずもう」とも関連する「食育」という観点での学びの機会を多く提供している『仙台うみの杜水族館』が対象施設として選ばれた。


「どすこいすしずもう」は、絵本作家・アンマサコさんの人気絵本。“もしも、おすしがすもうをとったら…?”という奇天烈な発想からうまれ、ユーモア満点の“すしりきし”たちの熱き戦いが描かれている。アニメ化も決定し、2021年4月より放送もスタートする。

着ぐるみ対決やクイズラリーを実施



「どすこいすしずもう in 仙台うみの杜水族館」では、“すしりきし”たちが迫力満点の相撲を披露する「どすこいすしずもう 着ぐるみ対決コーナー」や、かわいらしいイラストと優しい読み聞かせの声で、小さな子どもにもおすすめの「どすこいすしずもう 紙芝居」のほか、入館時に配布されるワークシートを持って、水族館内をまわりながらクイズに挑戦するオリジナルクイズラリーも行われる。全問正解した人には、オリジナルポストカードのプレゼントも!


また2階企画展示室では、“すしりきし”たちの出身地紹介や、アニメ化情報など、「どすこいすしずもう」の魅力がたっぷり詰まったパネル展示も開かれる。

各催しの開催時間・詳細などは、『仙台うみの杜水族館』のHPで確認を。

お得な「親子セット券」発売中



同館では、小学生以下の子どもと親子での入館がお得な「どすこいすしずもう inうみの杜 親子セット券」を発売中。大人(18歳以上)+小学生が3,000円、大人(18歳以上)+幼児(4歳~未就学児)が2,500円で、『仙台うみの杜水族館』HPや主なコンビニエンスストアで購入できる。

購入特典として、子どもにはオリジナルステッカーがプレゼントされるので、水族館と「どすこいすしずもう」の世界を家族で楽しんでみては。

新型コロナウイルス感染予防対策


同館では、「新型コロナウイルス感染症対策本部」の方針なども踏まえ、業種ごとに策定される感染拡大防止ガイドラインに基づき、新型コロナウイルス感染予防、感染拡大防止のためのさまざまな対策を講じている。

©アンマサコ・講談社/どすこいすしずもう製作委員会
カテゴリ