山口勝平、娘の名前「あかね」が話題 主演『らんま1/2』のヒロインと同名で「エモい!」

山口勝平、娘の名前「あかね」が話題 主演『らんま1/2』のヒロインと同名で「エモい!」

 人気アニメ『ONE PIECE』ウソップ役、『名探偵コナン』工藤新一役などで知られる声優の山口勝平が、4月7日よりNHK Eテレで放送(毎週水曜 後6:45~)される新アニメ『宇宙なんちゃら こてつくん』に、娘の声優で女優の山口茜(あかね)と初共演することが10日、発表された。勝平は1989年にアニメ『らんま1/2』早乙女乱馬役で初主演しているが、この時の“許嫁(いいなずけ)”ヒロインが天道あかね(CV:日高のり子)で、娘の名前と同じであることから、ネット上では「すてき!」「ちょっと待って山口勝平の娘の名前って『あかね』なの」「エモい!」と驚きの声があがっている。



【写真】笑顔がそっくり!山口勝平&娘&息子の親子仲良しショット



 娘が声優であることは勝平自身がインタビューや自身のツイッターで以前から明かしていたが、今回の初共演にあたり「なんと! おたま役で娘の茜が初めてのレギュラー役、初共演させていただきます。二重三重の喜びに爺ちゃん一言『ハッピーじゃの~~~♪』」と声を弾ませた。



 アニメで勝平は、宇宙飛行士を目指す主人公・こてつのおじいちゃん役、娘の茜は宇宙一の料理人になる夢を持つおたま役を担当する。娘の茜は今回の作品が初めてのレギュラー出演で、「はじめまして! 山口茜と申します。この度、大好きなにしむらゆうじ先生の、大大大好きな『宇宙なんちゃらこてつくん』の、いっちばん大好きなおたま役をやらせていただくことになりました! もうめちゃくちゃうれしくて夢みたいです!! 頑張ります!!! かわいくて優しくてほっこりなこてつワールド、ぜひぜひ一緒に楽しんでいただければ幸いです!」と父と同じく喜んだ。



 なお、茜は現在、日本テレビ系で放送中のアニメ『半妖の夜叉姫』第10話に”幼い銀禍役”で出演。同作は、アニメ『犬夜叉』の新たな物語を描いた作品で、父・勝平は犬夜叉役として出演しているが、父と娘の共演は実現していなかった。また、勝平の息子・山口竜之介も声優として活動している。



 子どもたちの名前の由来は公に明らかにされていないが、娘の茜(あかね)の名前は、勝平自身が1989年にアニメ『らんま1/2』早乙女乱馬役で初主演した際、“許嫁”ヒロイン・天道あかね(CV:日高のり子)と同じ名前。息子の竜之介も『犬夜叉』『らんま1/2』の原作者・高橋留美子氏の作品『うる星やつら』に登場する藤波竜之介と同名で、ネット上では「思わずニヤニヤしてしまう」「高橋留美子さんの影響受けてるのかな?」「え、山口勝平さんの娘の名前、茜なの? エモ 乱馬あかねのこと大好きじゃん」などの声があがっている。



 なお、『らんま1/2』で天道あかねを演じた日高のり子は、自身のツイッターで2020年4月17日に朗読動画の告知をした際、「それにしても勝平ちゃんは絵が上手~っ! 茜ちゃんの声もかわいいの」と親交が深いことを伝え、「私が『あかねちゃん』って言うの、ちょっとこそばゆい」と過去に反応していた。
カテゴリ