『ゴジラ』新作アニメのデザイン画解禁 “原点回帰”意識で「歴代東宝怪獣をオマージュ」

『ゴジラ』新作アニメのデザイン画解禁 “原点回帰”意識で「歴代東宝怪獣をオマージュ」

 人気キャラクター『ゴジラ』の国内初となる完全新作テレビアニメシリーズ『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』の本編に登場する“ゴジラ”のデザイン画が解禁された。



【画像】人物キャラもお披露目!アニメ『ゴジラ』のキービジュアル



 『ゴジラ S.P』に登場する怪獣のデザインを手がけたのは、『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』など多くのスタジオジブリ作品に参加してきたアニメーター・山森英司氏。今回解禁された“ゴジラ”デザインビジュアルは、山森氏による描き下ろしに、同じく同作のコンセプトアートを担当し、これまでに『リトルウィッチアカデミア』『キルラキル』など数々の作品で美術監督を務めた金子雄司氏が着彩した。



 山森氏は「CGという事で、着ぐるみでは不可能な骨格にし、生物学的にも変じゃない巨大な生き物を意識してます。その上で原点回帰してモチーフからの再デザインだったり、歴代東宝怪獣をオマージュして取り入れたりしました」とし、「何より初代のデザインモチーフを念頭に置き、絶対に人類と意思疎通など出来ない、畏怖すべき生き物としての威厳を持たせる事です。初期の昭和ゴジラのイメージを統合し、それでいて新しい初めて見る姿を目指しました」とこだわりを説明した。



 同作は、2021年4月よりTOKYO MXなどで放送がスタートし、Netflixでは日本先行で全世界独占配信。毎週放送のテレビアニメで、全13話の新たなオリジナルストーリーとして展開。アニメーション制作は、『僕のヒーローアカデミア』など数々の傑作を世に送り出す名スタジオ「ボンズ」と、『宝石の国』『BEASTARS<ビースターズ>』など、ほかとは一線を画すハイクオリティなCGアニメを手掛けてきた「オレンジ」が担当。夢のタッグが実現し、手描きアニメとCGのハイブリッドで制作される。



■キャスト

神野銘:宮本侑芽

有川ユン:石毛翔弥

ペロ2:久野美咲

ユング:釘宮理恵

加藤侍:木内太郎

大滝吾郎:高木渉

金原さとみ:竹内絢子

佐藤隼也:阿座上洋平

山本常友:浦山迅

鹿子行江:小岩井ことり

海建宏:鈴村健一

李桂英:幸田夏穂

マキタ・K・中川:手塚ヒロミチ

ベイラ・バーン(BB):置鮎龍太郎

リーナ・バーン:小野寺瑠奈

マイケル・スティーブン:三宅健太

ティルダ・ミラー:磯辺万沙子

松原美保:志村知幸
カテゴリ