坂口健太郎主演『シグナル』SPドラマで3年ぶり復活 原作人気エピソード映像化

坂口健太郎主演『シグナル』SPドラマで3年ぶり復活 原作人気エピソード映像化

 俳優の坂口健太郎が主演するカンテレ・フジテレビ系SPドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル』が、3月30日に放送が決定した(後9:30)。謎の無線機が“現在”と“過去”の二人の刑事をつなぎ、さまざまな未解決事件を解決していく2018年放送の連ドラ『シグナル 長期未解決事件捜査班』の続編。今作でも“現在”を生きる刑事・三枝健人(さえぐさ・けんと)を坂口が演じ、北村一輝が演じる“過去”を生きる熱血刑事・大山剛志(おおやま・たけし)と再びタッグを組む。



【写真】“現在”を生きる刑事・三枝健人役の坂口健太郎



 3年ぶりの新作となる今作は、連ドラ最終回の直後からはじまり、それから2年後の2020年に舞台を移す。「20年前に自殺したはずの恋人を探してほしい」と、最愛の人を追い求める男の事件を追う。今回は、原作の韓国ドラマ『シグナル』の中でも特に人気が高かったストーリーを映像化。連ドラでは描くことができなかった珠玉のエピソードとなる。坂口、北村ほか、前作キャストの吉瀬美智子、木村祐一、池田鉄洋らも出演する。



 このほど、ポスタービジュアルが一部解禁。健人が無線機を持ってこちらを見つめる姿が描かれ、“現在”と“過去”という別の時代を生きるドラマのコンセプトをベースに制作。健人と、未解決捜査班の班長・桜井美咲(吉瀬)が、時空を超えて大山とつながっているようなデザインに「過去を変えろ 未来を救え」という作品のメッセージを加えている。



 この言葉は、連ドラから健人と大山が、互いを信じて励まし合ってきた二人の大切なメッセージ。シンプルでスタイリッシュな中に、とことん諦めが悪い“現在”と“過去”の刑事の気持ちを込めたデザインに仕上がっている。今作でも絶体絶命のピンチをむかえる二人だが、このキャッチコピーのように、未来を救えるのか。



 主演の坂口は、スペシャルドラマについて「原作である韓国版『シグナル』の大ファンだったので、原作にはあるけど日本版では触れていなかった良いストーリーをまたできるというのは楽しみ」と期待。また「今回は、坂口健太郎としてその後の時間を経て、経験を積んだ上での三枝健人になっている」と自らの成長に自信も。「物語がとても優れていますから、“はじめて『シグナル』に触れる”という人にも、映像を通して健人と大山の生き様が伝わってほしい。ご期待ください」とアピールしている。



 また、『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』が4月2日に公開予定。



■キャストインタビューコメント



<坂口健太郎>



――スペシャルドラマ化を知ったときはいかがでしたか?



また北村さんや吉瀬さん、木村さん、池田さんの未解決班のみんなとお芝居が出来るのが楽しみでした。連ドラを撮っていた頃と変わったところも、変わってないところもあるだろうし、会うのが楽しみでしたね。



――スペシャルドラマの企画・脚本の印象は?



原作である韓国版『シグナル』の大ファンだったので、原作にはあるけど日本版では触れていなかった良いストーリーをまた出来るというのは楽しみでした。物語として原作のこのエピソードが好きですし、原作をリスペクトしながら新しい要素を加えて芝居をしてみるのも手だなと思いましたね。



――撮影の感想をお聞かせください。



僕が3年前にやってた三枝健人は、ひとつの形だと思うんですけど、今回は、坂口健太郎としてその後の時間を経て、経験を積んだ上での三枝健人になっていると思います。そして何よりも未解決班がいると安心もするし、助けてもらえるし、撮影が楽しかったです。



――無線機を持ってのお芝居はいかがでしたか。



久しぶりでしたが、無線を持ったときは、しっくりくる感じがありましたね。下の方には連ドラのときにあったシールも貼ってあって、「あぁ、また三枝健人になるんだなぁ」というのは強く思いましたね。



――視聴者に向けてメッセージをお願いします。



連ドラを見ていた方は、すごく楽しんでもらえると思いますし、原作が好きな方も連ドラに出ていなかった一つの事件をテーマにしているから、きっと面白く見てもらえると思います。「物語がとても優れていますから、“はじめて『シグナル』に触れる”という人にも、映像を通して健人と大山の生き様が伝わってほしいなって思います。このスペシャルドラマを見ていただいて、その後、映画が公開するときには、映画を見たくなるようなドラマにもなっていると思います。ご期待ください。



<北村一輝 コメント>――スペシャルドラマ化を知ったときはいかがでしたか?



また同じキャスト・スタッフの皆さんと仕事が出来ることを楽しみに思いました。



――スペシャルドラマの企画・脚本の印象は?



今回のスペシャルドラマは、日本版連ドラでは入らなかったエピソードでしたが、

原作ドラマの中でも一番感動的な話でとても見応えがあると思います。



――撮影の感想をお聞かせください。



大山は自分のイメージだけで演じたわけでは無く、連ドラのときは、原作ドラマの刑事の動きなども意識してやっていました。今回はもう一度、韓国版、日本版も見直して挑んでみました。最初は少し不安な要素もありましたが、大山走りといいますか、あの変な走り方をして、無線機を使うシーンも終わったら「あぁ、確かこういう感覚だったな」と記憶が蘇りましたね。



――視聴者に向けてメッセージをお願いします。



過去と現代のつながりの中で事件を解決していく部分を楽しんでいただければ。また、脚本がしっかりしていますので、連ドラとは別として、このスペシャルだけでも見応えがあります。ぜひ楽しみにしていてください。



<吉瀬美智子>



――スペシャルドラマ化を知ったときはいかがでしたか?



連ドラの終わりかたが「次、あるな」という感じがしていましたので、驚きではなく「この日がやっと来た。また美咲になれるんだ」といううれしい思いに駆られました。



――スペシャルドラマの企画・脚本の印象は?



韓国の原作ドラマの面白さそのままに、過去と現在が交錯しつつ、うまくバランスが取れている脚本でした。読んでいてとても面白かったです。



――撮影の感想をお聞かせください。



現場で美咲のMA-1を着たら“覚えていた”といいますか、役にすんなりと入れました。“堂々”という感じが前作よりも出ていると思います。プロデューサーには「パワーアップしたね」って言われましたし(笑)。演出も連ドラでご一緒した鈴木浩介さんですから、自由にお芝居ができました。



――視聴者に向けてメッセージをお願いします。



連ドラを見たことが無い方はぜひ1話から見ていただき、時間があれば韓国の原作も見ていただき(笑)。その上でスペシャルを見てくだされば、楽しみ方も変わるかなと思います。



<木村祐一>――スペシャルドラマ化を知ったときはいかがでしたか?



「待ってました!」という感じでしたね。レギュラーの頃から「やったらええのに」って皆で冗談めかしながら言ってて、それが本当になったというのはうれしい。スタッフにも会えるし、共演者もそうやけど、役の山田勉にも会えるなっていううれしさばかりでしたね。すぐに、池鉄(池田鉄洋)にLINEしました(笑)。



――スペシャルドラマの企画・脚本の印象は?



「また(坂口)健太郎君の三枝を知らん感じでやらなあかんねや~」と思って(笑)。「親しみが出たらあかんねや」ってところでね、「つらいな~」と思って読み始めたけど、僕らは僕らでチームとしてしっかり4人で成り立ってる感というのが脚本からも伝わりましたね!感動しました!



――撮影の感想をお聞かせください。



やっぱり懐かしさと新鮮さがありました。(坂口)健太郎君はたくましくなっていますし、みっちゃん(吉瀬美智子)はまた色っぽくお肌もさらにキレイになっていますし。「スタイリッシュで想いがこもっているからセリフ一つ一つがしっかり響く感じになって」というのを、池鉄(池田鉄洋)が言うんですよ。「ちょっと変わりましたね~」って。「ほんなら俺は変わってへんのかい」言うて(笑)、「いやいや、そんなことないです~」みたいなことを言うてたんですけどね(笑)。



――視聴者に向けてメッセージをお願いします。



ドラマの内容としては、1つの無線機が、現代・過去とつながるすてきなファンタジーのような設定ではありながら、重厚な刑事ドラマと絡んでいくわけで、すごく見応えがある事件部分と、チームがほっこりさせれる部分があるといいなと思いながらやってます。日常と仮想現実みたいなその辺りのはざまの部分を楽しんでいただければ。リラックスして見ていただけるとありがたいですね。



<池田鉄洋>



――スペシャルドラマ化を知ったときはいかがでしたか?



「大山さん、どうなるんだろうな」っていうのが気になって。最終回で無事であってほしいっていう気持ちが解決するのかなっていう(笑)、視聴者みたいな気持ちで考えていましたが、「その手があったか」っていう感じですかね。それと、未解決班のメンバーは相も変わらずという感じですごく楽しかったんです。キム兄(木村祐一)を筆頭に、皆様に会えるっていうのは「うれしいな~」って思いました。



――スペシャルドラマの企画・脚本の印象は?



「この話そういえばやってなかったけど面白いな」と思いました。私がすごく仲良くさせていただいている俳優もいらっしゃったりして、「新しい『シグナル』が始まったんだな」っていう、寂しいけどまた新たなスタートという感じがしました。今まで以上にハラハラする感じもありますし。それと同時に「大山はどうなっていくんだ」っていう謎はますます目が離せません。



――撮影の感想をお聞かせください。



三枝健人とのいろんな事件を経ての友情関係みたいなものを今回はリセットするので、あの『シグナル』の蓄積を1回無くさなきゃいけない役作りでした。「新鮮な気持ちでした」って感じですかね。でもやっぱりあの4人が集まると、「あぁ懐かしいな~」って感じがします。



――視聴者に向けてメッセージをお願いします。



3年前にやっていた未解決班のチームワークの良さみたいなものは根底に流れてると思います。和気あいあいとやっている未解決班のことを思いながら見ていただけると、より一層楽しめるんじゃないかなと思います。冒頭をお見逃しなく(笑)。
カテゴリ