Tabioから廃棄食材を染料に使用した靴下が登場。環境にやさしくておしゃれが楽しめるってちょっといいかも


ここ数年で頻繁にサスティナブルという言葉を聞くようになりましたよね。



環境にやさしい素材を使ったファッショナブルなアイテムを、取り入れていきたいと思っている人もいるのではないでしょうか。



靴下専門店の「Tabio(タビオ)」から、廃棄食材を再活用した靴下がお目見え。2月から全国にあるTabioの26店舗と、オンラインストアから順次販売されます。



「FOOD TEXTILE」が展開する糸を使用





今回登場する靴下5種類は、廃棄食材を再活用するプロジェクト「FOOD TEXTILE(フードテキスタイル)」が展開する糸を使用しているんです。



「FOOD TEXTILE」とは、ファッション業界から廃棄食材を再活用するプロジェクト。従来捨てられてしまっていた、形の不揃いなど規格外の食材や、カット野菜の切れ端などを食品関連企業や農園より買い取り、植物に含まれる成分を抽出して染料にしているんです。



オリジナル商品展開のほか、国内の様々なファッションブランドと連携して生産販売・商品化を進め、アパレル業界からフードロス問題に取り組んでいるプログラムなんですよ。



今回発売される、Tabioの靴下のベースには生産者の顔が見えるトレーサブルオーガニックコットン「TRUECOTTON」を使用。食品関連会社の廃棄予定食材から抽出した、環境にも人にも優しい染料で染められていて、これから暖かくなる季節にぴったりな「赤カブ」「ブルーベリー」「ルイボス」「抹茶」の4色が展開されます。



5種類のデザインが登場



靴下のデザインは、5種類がお目見え。





こちらは、「FOOD TEXTILEワッフルショートソックス(税込1,320円)」。



どんなファッションとも合わせやすいデザインです。





同じくショート丈には、「FOOD TEXTILEアメリブショートソックス(税込1,320円)」も。リブ素材が程よいアクセントになったアイテムです。





「FOOD TEXTILEパイルショートソックス(税込1,650円)」は、膝丈のスカートやワンピースにも合わせやすく、1足あると便利な丈感です。





「FOOD TEXTILE足袋ショートソックス(税込1,540円)」は、足袋シューズと合わせるのにぴったり。





フリーサイズの「FOOD TEXTILEリブレッグウォーマー(税込1,650円)」は、足を冷えから守ってくれますよ。



「FOOD TEXTILEリブレッグウォーマー」以外はすべて22.5~24.5cmのサイズ展開。



春コーデのアクセントになりそうなやわらかい色味の靴下なので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。



Tabio公式サイト

https://bit.ly/3p7pEm7



カテゴリ