男性を魅了する!「華がある女性」って?

男性を魅了する!「華がある女性」って?

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という、女性を花にたとえたことわざはご存じでしょうか。


「華やかさ」の「華」を持った女性は、男性にとってはたまらなく魅力的。


そこで、男性を魅了してしまう女性の「華」について、タイプ別に見ていきましょう。


あなたはどんなタイプの「華」にあてはまるでしょうか。



心から笑っている笑顔


底抜けに明るい笑顔をしている女性は、周りの人を自然と幸せにさせるもの。


笑顔といっても、大笑いをするというわけではありません。


この笑顔に大切なのは、「目」です。


「目は口程にものを言う」というように、心から楽しんでいるときの笑顔には、目に幸せがあふれていますよね。


自分の笑顔に自信がない……、相手の反応を気にし過ぎてしまう……。


そんな人は、嬉しい・楽しいときこそ、思いっきり、その感情のままに表してみてください。


あなたの目を見た彼もきっと、幸せな気分になるでしょう。


品があり美しい


大人の女性ほど、「品格」が大切になってきます。


「品格」とは、周囲に対する気遣いなど、大人の余裕を感じさせますよね。


たとえば立ち居振る舞いや、歩き方の所作。


笑い方や服装などが美しい女性は、決まって「上品」に見えるもの。


また、所作だけでなく、髪のお手入れやスキンケアなどの身だしなみも、最低限のことはしっかりと行いましょう。


自分の声を一番きれいに出せるように、喉の調子にも気を遣えるとより良いですね。


横着に行動したり、バタバタと慌てたりせず、いつも余裕をもって計画的に過ごすことも、上品さを発揮するためのコツですよ。


中性的な魅力があり、親近感がある


たとえば、キャップにジーンズなど、パッと見は「華のある女性」とかけ離れた恰好をしたとしましょう。


先ほどご紹介した「色気」もなくなっていそうなものですが、じつは、男性にとっては親近感があり安心できるので、これも一種の「華」になるのです。


たとえ見た目がボーイッシュでも、髪や肌、爪などのお手入れはきっちりやっておきましょう。


自分なりの価値観をしっかり持ち、周りに流されない芯のある女性に。


ときには乙女心を感じさせる言動で、男性を「こういう子いいな~!」と、ほれぼれさせてみてくださいね。


男性を魅了する色気がある


男性にとって「女性の色気」とは、目のまえに映る視覚よりも、むしろその人が持っている雰囲気のことを指します。


スタイルがいいとか、チラっと肌が見えるなども、ドキッとする要素ではありますが、それはあくまできっかけにすぎません。


むしろ、どこからか漂ってくる女性らしさにこそ、色気を感じるもの。


もちろん華のある女性でいるには、上品であることやオシャレであることも大切です。


でも、マイペースで相手を安心させることもポイント。


ひとつのことをじっくり楽しんだり、相手の話をよく聞いたりする女性にも、男性は色気を感じるでしょう。


中身から魅力を磨きましょう


男性から見た「華のある女性」とは、その人自身の魅力が、どれだけ輝いているかということです。


決してうわべだけの笑顔や、取り繕ったやさしさではありません。


「笑顔が素敵だね」「なんか上品だね」「色っぽいね」などなど、好きな人から褒められた経験があるなら、そこを磨いてみましょう。


あなただけの華やかさを発揮できるはずですよ!


(橘 遥祐/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ